リンク集 - 日本イラク医療支援ネットワーク(JIM―NET)

日本イラク医療支援ネットワーク(JIM―NET)

banner  1991年の湾岸戦争以降、イラクではガンや白血病の子どもたちの数が増えています。日本では、小児白血病の治療技術は、ここ10年で著しく進歩しており、80%以上が治る病気になっています。ところがイラクではちょうどこの時期に国連の決議に基づいて、国際社会が課した経済制裁で、病院の設備は老朽化し、薬も欠乏し続けたために多くの子どもたちが死んでいきました。 2003年のイラク戦争後、経済制裁がなくなりましたが、各国のODAや国際機関の支援も滞っており状況はなかなか改善されていません。
 日本では、広島・長崎の関係で、白血病に関する関心が高く、JVCを初めとしていくつかのNGOが既に薬の支援などをしてきました。 今後更なる支援の効率を上げるためにには、援助の重複を避け、役割分担を明確にした調整と一方で医療の専門性が必要です。
  そこで、医療支援を行っているNGOや関心のある医師たちとネットワークを立ち上げることになりました。


  |     |   最終更新日: 2008-1-13 13:08
カテゴリ  支援団体・情報収集 arrow 難病支援

No Feed
広告