みんなのブログ - 嬉しかったこと

京都ファミリーハウス

嬉しかったこと (2019-7-16 17:36:38)
昨日は河原町御池の地下街ゼストで、「ソーシャルワーカーデイ」のバザーに参加させていただきました。 ゼストには小さな広場が3つあり、寺町広場は一番西の端なので、地下鉄を利用する人たちが西側まで来てくれるかなぁと心配でしたが、コンスタントに誰かが来て下さって、私達のグッズを手に取って下さいました。 ありがとうございました。 祇園祭の時期でもあり、海外からのお客様も来て下さいました。 ですが、まったく英語が話せない私達 それでもハートで売ります! 30歳代くらいの海外のカップルが、ポケモンの筆談ボードに引かれてご来店。 女性はニコニコとやさしい感じ。 男性に「これは何か?」と聞かれて、メモ帳の見本を見せて、筆談ボードはこれのビッグサイズということで、使い方を説明しました。 ポケモンのラッピングを外してくれということで、中をお見せしたら、女性が左の手の平と胸に筆談ボードを挟んで、ペンを手にして書き始めました。 その時に初めて、女性は左半身が不自由なことに気が付きました。 上手に挟んだ筆談ボードに、右手ですらすらと文章を書いて、男性に見せて、消しゴムで消して、そしてとっても嬉しそうに笑いました。 海外旅行に来る人たちは、元気で健康だから旅行に来られるんだ、と思っていたので、身体が不自由な方が来ておられることはあまり考えたことがありませんでした。(冷静に考えたら、旅行は当たり前のことなのですけどね ) カップルは、筆談ボードとメモ帳を2個ずつ買ってくださいました。 私達が作ったものが、どこの国に行くのかわからないけれど、遠い国の家の中や買い物で、その方の助けになれば、それはとても嬉しいことです。 筆談ボードを手に幸せそうに笑われる姿に、私もとても幸せな気持ちになったバザーでした。 どうぞ、良い旅を
広告