ホーム > フォーラム > お知らせ > 講演会・イベント・テレビ番組 > 10/1 「第16回 中部小児がんトータルケア研究会」 岐阜県で開催
はな  (2016-9-29 20:45 )

明後日、岐阜県で開催される「中部小児がんトータルケア研究会」の詳細がわかりましたので、そのお知らせです。

私は仕事があるので、11時から14時頃まで参加します。興味のある方、ご一緒にいかがですか?ご連絡お待ちしています。

第16回 中部小児がんトータルケア研究会

日時:平成28年10月1日(土) 11:00〜17:00
場所:じゅうろくプラザ(JR岐阜駅直結、徒歩2分)
   岐阜県岐阜市橋本町1-10-11
参加費:2,000円(学生・初期研修医は免除)

【プログラム】


11:05〜12:00  特別講演1
 座長 堀壽成(愛知医科大学小児科)
 演者 岐阜大学医学部産婦人科 古井辰郎 先生
 「小児がんの治療と生殖機能および医療連携の意義と現状」

12:05〜12:55  懇親会
 じゅうろくプラザ1F レストラン

13:00〜14:10  一般演題
 座長 高井晴美(岐阜市民病院)
    遠藤沙緒理(岐阜市民病院小児科)

  ‘院中の中高生を対象とした、
   大学生による学習ボランティアの取り組みの現状と課題
    名古屋大学医学部付属病院 篠原夏美

 ◆,んの子供を理解するための絵本作成と
   小学生対象の読み聞かせ実施の効果
    岐阜聖徳学園大学看護学部小児看護学 大見サキエ

  当病棟における小児がん患者へのNST活動と食育の取り組み
   〜食育をテーマとした七夕会〜
    岐阜市民病院 長屋優

 ぁ。腺截狙ぢ紊里ん患者との関わり
   〜意思決定の場面において信頼関係の構築に困難をきたした一事例〜
    国立病院機構名古屋医療センター 井戸田彩香

 ァ―末期の小児がん患者に対する在宅以降支援
   〜短期間で在宅移行した2事例を通して〜
    三重大学医学部付属病院 堀口実穂

 Α‐児がんで終末期にある患者の在宅移行に向けた調整
    長野県立こども病院 若狭亜矢子

14:10〜15:05  シンポジウム1
 座長 天野功二(聖隷三方原病院臨床検査科)
    河俣あゆみ(兵庫県立大学看護学部小児看護学)
 シンポジスト 嶋田一樹(静岡県立病院機構県立こども病院)
        小笠原真織(長野県立こども病院)
        佐々木美和(名古屋大学医学部付属病院)
 「子どもと家族の意思決定に寄り添う 〜多職種の役割〜」

15:05〜15:15  休憩

15:15〜16:10 シンポジウム2
 座長 篠田邦大(岐阜市民病院小児科)
 プレゼンター 山口真希(岐阜市民病院)
 シンポジスト 帰山絵津子(金沢大学医学部付属病院)
        林部麻美(長野県立こども病院)
        寺山知子(名古屋第一赤十字病院)
 「こんなに違う小児がんの日常管理」

16:10〜16:55  特別講演2
 座長 鷹尾明(加茂保健所)
 演者 横幕真紀さん(まるっけ会代表)
 「航平が遺してくれたもの」

本研究会は、小児がんに携わるすべての人を対象とした会です。
みなさん、ぜひご参加ください。

当番世話人 岐阜市民病院 篠田邦大
代表幹事 三重大学 駒田美弘
事務局 国立病院機構名古屋医療センター 堀部敬三

⇒ この投稿に返信する

このトピックに投稿する

題名


ゲスト名




投稿本文



広告