ホーム > フォーラム > おしゃべり広場 > 集団生活・人間関係・おつきあい > タバコを吸う人への対応ってどうされてますか?
  • このトピックは管理者もしくはモデレータによりロックされています
ゲスト  (2006-9-4 3:03 )

ゲストの「フウパパ」さんからの投稿です。
---

こんばんは
フウパパ です

娘が白血病で入院中です。

実は義理の父が喫煙者です。
直接やめてください、と言っていません。
ママに言うように頼んでいます。

最近、病院の出入り口付近や駐車場周辺の路上でタバコを吸っている(不特定多数)人がいます。
それも多いときでは十数人、煙の中を通らないと病院へ入れないときもあります。
今のところ、何も言わず通り過ぎています。
娘が病気になる以前は、そういった方には、『くさいですよ、迷惑ですよ、』と教えてあげていたのですが、多くの方が
うるさい、馬鹿野郎、かんけいねえだろう、など、なぜか汚い言葉で大声を出し、タバコの火を消すことなく詰め寄ってきます。
その後言い争い。(もちろん、外見で判断してタバコ以前の問題のあるタイプの人間には近づかないです。)
しかし、娘の入院する病院の前で同じ病院に来ている人と言い争うのは怖いです、最悪手を出される危険もあるし・・
同じ病棟の付き添いやお見舞いに来ている人で病院前でタバコを吸っている人もいます。

吸っている人を見て心の中では、
空き缶に吸殻を入れるな、気持ち悪い!!
携帯吸殻入れを持っていればいいんじゃない、煙がめいわくなんだ!!
話していると息がくさいんだ!!
部屋に入ってくるだけでにおいが残るんだ!!
と、思っているのですが、

同じ病棟の人だったら気まずくなるなーと思って言えないんです。
義理の父にはとても言いにくい、
5年前娘が生まれる前までは一緒にタバコを吸っていたし…
義理の父が来てくれれば子供は喜ぶし、義理の母、部屋の掃除までしてくれてとても助かるし、気まずくなるのは避けたいと思い言えないでいます。

今週の土日に義理の父が来ます。
軽く言ってみようかと思っています。

長くなりましたが

みなさんは、喫煙者への対応はどうしましたか?

フウパパ  (2006-9-4 3:06 )

ログアウトしてました

上の投稿はフウパパです。

ひまわり  (2006-9-4 13:54 )

フウパパさん、こんにちは。

今年3月末に退院した息子の母です。
息子は、退院後も周りが喫煙者だらけでとても困ります。
まずは主人!そして主人の実家(お義父さん・お義母さん・主人の兄第3人)そして私の実家(父・兄二人)
家の中では、主人はベランダに出て吸いますが、身体にタバコの臭いをプンプンさせて戻ってくるので、すごく気になってしまいます。
昨日も出先の飲食店でお義母さんが「どうかな?大丈夫かな?」
と独り言のようにいいながら、息子の目の前でタバコを吸い始めました。隣にいた主人は止めるのかと思いきや、「ええねん、ええねん」とまったく悪気なく自分も吸い始めました。
私は、あきれて口が開いたままです。

私もフウパパさんと同じくお義母さんに軽く言おうと思っています。
答えになっていないですが、やっぱり喫煙者の人には、外に出て
ちゃんとした喫煙所で吸ってもらうという事を徹底して欲しい
ものです。

りょんち  (2006-9-4 15:20 )

喫煙者は喫煙者に甘いと思います。
主人は喫煙者で、さすがに、私の妊娠中と子ども達が赤ちゃんの頃は、気を遣って、換気扇の下で吸ってましたが、大きくなってからは、平気でスパスパ。
主人の親戚にも喫煙者が多く、お邪魔した際、一緒になって吸うので、後で「本当は、子どもの前では、やめて欲しいけど、人様の家だし、言えないから、せめてアナタだけでも、吸わないで欲しかった」と言うと、「俺がたばこ吸うって、皆知ってるから、俺が吸わなかったら、皆気を遣う」と、変な理屈を返され、呆れ果てました。
ひまわりさんのご主人さんが、お義母さんの喫煙を止めるどころか、一緒に吸ったのは、「喫煙者同士の変な気の遣い合い」ではないでしょうか。

りょんちびが入院していた病院は、比較的敷地が広いのですが、喫煙所(4畳半程度のバス停みたいな小屋)が、敷地の端っこに1箇所で、玄関にはありません。
一番遠い病棟(小児病棟もその1つ)からは、健康な大人でも3〜5分ぐらいかかります。せっかく面会に来ているのに、1時間に1、2回、喫煙に行く家族の方がいましたが、1度行くと、10分以上戻って来ないので、その間、子どもさんが寂しそうにしており、「こんな時ぐらい、がまんできないの?」と思っていました。それに、臭いし・・・。子どもが病室から出られる時は、廊下などへ出てました。何でこっちが遠慮しないといけないのか、腹立たしいですけどね。

フウパパさんのお子さんの病院は、玄関近くが喫煙所なんですよね?玄関にあったら、病院に用がある人は、煙の中を通ってこないといけないわけで、おかしな話ですよね。アレルギーの患者さんや、呼吸器疾患の患者さんもいるでしょうに。

私は、「お願い」してだめなら、「自衛」しています。つまり、その場から離れるのです。少々場の雰囲気壊しても、子どもと自分の健康が大事ですから。
親戚の家でも、自宅でも、りょんちびが退院直後から、皆すぱすぱ吸うので、「病み上がりだし、病気が病気だったんだから、ちょっとがまんしてもらえる?」と聞いて、だめだったら、「じゃ、吸い終わってにおいが消えるまで、他の部屋にいるね」と退室します。
「偉そうで感じ悪いヨメ」と言われてますが。
遠慮して体調崩すより、嫌われても健康守ります。

きらきら  (2006-9-4 17:02 )

我が家も主人、義理父母が喫煙者です。
私も妊娠前までは喫煙者でした。

主人も義理父母も、娘の前では吸いませんが
体が臭く気になります。でも娘の前では吸わず
気を使ってくれているので特に何も言いません。

親戚が集まる時も皆外で吸ってくれます。
皆自主的なので助かりますが、
来客者は娘がいても吸うので、その時は娘を
煙から遠ざけます!

りょんちさんの、おっしゃるように健康を守るためなら
私は悪者になってもかまいません。
って言うか子供がいても喫煙するってマナーが悪いです。

病院には喫煙小屋がありましたが、現在は病院内外も
禁煙です。売店でもタバコが消えました。

フウパパさん。悪く想われても子供を害から守るためです。
義理父さんに一言いってもいいのでは?

フウパパ  (2006-9-4 22:59 )

こんばんは
皆さんこんなに苦労されているとは まさか子供の前で吸う人がいるとは 思わなかったです。
義理の父は子供の室内や間近では吸いません、外に出たり、少し離れて吸っています。
義理の父 一人に何も言えない自分が情けない、またお恥ずかしいです。

ひまわり さん 
子供のいる空間で吸われる方がいるとは、
ご苦労されてますね
義理のお母様は気にしてらっしゃるようですが
ご主人の発言には疲れますね…母親思いのいい方なのでしょうが…
周りが喫煙者だらけとなると、つらいですね
軽く言ってみる、といってもタイミングが難しいですよね、
ぜひ、がんばってください。

りょんち さん
病院に喫煙所って変ですよね、うちの子の病院はなんと病院内、敷地内すべて禁煙でした(下記)。
親戚に喫煙者が多いと大変なんですね、
逃げるが勝ち、ですね。
私も嫌われても!と思ってがんばろうと思います。

きらきら さん
ありがとうございます。
義理の父には
やはり はっきりと言うべき だと思いました。
きっと孫のためとわかってくれる。と思う。


ところで病院とタバコがどうしても似合わないと思い、
今朝、朝一でうちの子の病院へ電話してみました。
救急と入院患者、お見舞い付き添い、が同じ出入り口でその外の横に屋根があり椅子が並んでいます、
出入り口には警備員が立っていて事務の人が2〜3人います。そこでタバコを吸っている人がいます 
ので、そこは喫煙所だと、私含め、たぶん多くの人が思っていました。
しかし、そこに限らず前の歩道までどこでもタバコを吸っている人がいます。
その状況をどう考えているのか聞きたいと思ったのですが、
電話に出た方が言うには
病院内、敷地内はすべて禁煙です。
吸っている方がいたら警備員、事務員が説明してやめてもらっています。
だそうで、頭に血が上ってしまいましたが、丁寧に『ではそのようにしてください』とお願いしました(なんて言ったのかよく覚えていないんです)
いったいどうなっているんだろう
たしかに、警備員の目の前でタバコを吸ってる人たちがたくさんいるのに。

いろいろ気になり会社のパソコンで喫煙について調べていたら、
私の住む市では公共の場での喫煙を規制する条例があったのです。
しかし条文を読んだのですが、歩行中の喫煙、吸殻のポイ捨て、をしてはいけない。と指定して規制していました。
市の担当課へ電話し、座って又は立って携帯吸殻いれを使用していれば、吸ってもいいですか?と聞いたところ、この条例では取締り、処分などの対象にはならないとの事、
再度、問題ないですか?大丈夫ですか?と聞いたところ
力強く はい と言っていました。
不満です、残念です、腑に落ちませんでした。

ネット上でたばこの危険についていろいろ見つけたので
義理の父に見せようとおもいます。
ご参考まで↓
http://www.nosmoke-med.org/warning2006.pdf
(世界のたばこのパッケージ)
http://www.nosmoke-med.org/
(日本禁煙推進医師歯科医師連盟)



ひまわり  (2006-9-5 9:33 )

りょんちさんおはようございます。

>ひまわりさんのご主人さんが、お義母さんの喫煙を止めるどころか、一緒に吸ったのは、「喫煙者同士の変な気の遣い合い」ではないでしょうか。

そうなんです。その通りです。
これは個人的な愚痴になってしまいますが、彼(主人)は自分が
吸いたかったからお義母さんにも「ええねん、ええねん」と
言ったのです。昨晩、思い切って主人に「父親も一緒になって
吸うってどういうこと!」と強く言いました。
「それは、悪かった。。。俺も止めたくても止められへんねんなぁー」・・と。
またまた言葉が軽く自分に甘い!危機感ゼロ。。
りょんちさん、すみません。愚痴ってしまいました
今後も強い姿勢で監視・注意を徹底します。
ちょ・・ちょっとこわいでしょうか。

りょんち  (2006-9-6 9:56 )

ひまわりさん、おはようございます。
ああ、何だか、光景が目に見えるようです。主人に兄や弟はいませんが、ひまわりさんのご主人さん、もしかしてうちの主人の兄弟?!と思ってしまいました。

主人は、家の中の色々な場所で、たばこを吸います。パソコンの前、テレビの前、ダイニングテーブル、トイレ・・・吸わないのは、寝室ぐらいです。
りょんちびは、化学療法後、半年程経過すると、アレルギー症状が、どっと出ると、ドクターから言われていた、まさにその真っ最中で、アトピーなど皮膚に出るタイプではなく、呼吸器に出たみたいで、よく咳き込み、喘息に似た症状を起こします。
なのに!!たばこを吸うんです。
後ろから、ハンマーで殴ったろかと思ったり、首絞めちゃろかと思う今日この頃。

りょんちびが咳き込んでいても、テレビやパソコンに夢中だと、気付かないのも、また腹が立つんです。「ちょっと、りょんちび、咳してるやん。たばこやめたってえや」って言うと、「おー、そうか、そうか(当然、消すと思いきや)、もうすぐ吸い終わるから」「ちゃうやろー!今すぐ消せっちゅーねん!」と、飛び蹴りしたくなります(腰が痛いのでしませんが)。

私まで愚痴ってしまいました。
母親と他の家族の、病気に対する温度差を感じます。
白神さんや、ス〜パパさん、フウパパさんのような、立派なお父さんもいらっしゃるのに。爪の垢、送って欲しいです。

りょんちびのためなら、鬼嫁上等!
ひまわりさんも、周りの無理解に負けずに、頑張って下さい。


はな  (2006-9-6 10:16 )

りょんちさん、おはようございます。

>後ろから、ハンマーで殴ったろかと思ったり、首絞めちゃろかと思う今日この頃。

わかるわ、その気持ち。うちの場合、私の殺気に気づいた夫はタバコの臭いをプンプンさせているのに「吸ってない!」と言い張っていました。それからは証拠隠滅に毎日苦労しているようです。ここまでがんばって隠していると腹も立たず。家族の前では一切吸わなくなったのでいいかな、と思います。

りょんちさんのコメントがツボにはまってしまい思わず書き込みました。同じように思っていた人がほかにもいたのね。

ス〜パパ  (2006-9-7 1:56 )

こんばんわ、ス〜パパ@数ヶ月前迄は、吸うパパでした!(苦笑)です。
実は、私小さい頃は病弱で”小児ぜん息とアレルギー性鼻炎”を患っており、鼻血が出易く幼稚園・小学・中学・高校・予備校で時たま授業中に横になって受ける事がありました。それでも私の父は、平気で当時私の前でタバコを吸ってました!4つ上の兄も大学へ行くようになって当たり前のようにタバコを吸うようになり、2つ上の兄も同様でした、私も大学受験に失敗し予備校&教習所通いしながら普通にタバコを吸うようになってました。30年前は、これが極普通でした。ぜん息と鼻炎は、タバコを吸うようになってからは全く影を潜め、鼻血も出難い体質に変わってました。喫煙者から省みると30年前と20年前と10年前と環境が様変わりしてきたと言えます!
30年前:喫煙者天国で、どこでも吸える環境だった分、非喫煙者が我慢を強いられてた!
20年前:タバコは、灰皿のある所でブームが起こり非喫煙者も”俺タバコ嫌いなんだ!”と言える時代へ
10年前:嫌煙権ブームが盛り上がり、オフィスの分煙化や携帯灰皿の時代へ突入!益々愛煙家は肩身の狭い時代へ
そして現在:地区条例により歩行禁煙が高まり日本中あらゆる地域での禁止!このことにより、10年前までは、携帯灰皿を持つことが、良いマナーとされてたのが逆にそれを持つ事がマナー違反の時代へと。。。
対応として;
いきなり”タバコ止めて!”と言っても無理です。恐らく未だにタバコを吸ってる人は、アナログ人間で気が弱い小心者だったりもします!ですから、いきなり止めさすのではなくハードルを下げ、周りに迷惑だからではなく”貴方の健康の為に少しでも本数を減らすようにしたら?”位の表現に留める事です。わたしも娘の病気がきっかけで禁煙に成功したとも言えますが、妻からの”決して無理はしないでね、本数が減る位でも良いのだから”と言う言葉が、心の支え?と言うか?妻の罠?だったかも知れない?今から思えば。。。正に『北風と太陽』です。押しても駄目なら引いてみな〜ってかー!!

ひまわり  (2006-9-7 9:33 )

ス〜パパさん、おはようござます。

>対応として;
いきなり”タバコ止めて!”と言っても無理です。恐らく未だにタバコを吸ってる人は、アナログ人間で気が弱い小心者だったりもします!ですから、いきなり止めさすのではなくハードルを下げ、周りに迷惑だからではなく”貴方の健康の為に少しでも本数を減らすようにしたら?”位の表現に留める事です。わたしも娘の病気がきっかけで禁煙に成功したとも言えますが、妻からの”決して無理はしないでね、本数が減る位でも良いのだから”と言う言葉が、心の支え?と言うか?妻の罠?だったかも知れない?今から思えば。。。正に『北風と太陽』です。押しても駄目なら引いてみな〜ってかー!!

何となくというか言われていることは良くわかるのですが、喫煙者に止めさせるという議論ではないと思います。タバコ嫌いな人たちは、吸う人に無理矢理「止めて!」って言って来てはないはずです。
これら全部経験済みなんです。 奥様のように「無理はしないでね」って支えになるように努力して・・尚且つそれでも子どもの前で煙を吹かす常識無い喫煙者にもの申したい!ってことです。
本数を減らし本当にマナーを守って吸ってもらえたら
呼吸気管の弱い人たちや闘病中の子どもたちも少量の煙を吸ってしまい、むせてしまう事がなくなると思います。
私の周りで、あまりに理屈をこねて吸う人が多いもので、ついついテンション上がっちゃいました。すみません。。。。

白神  (2006-9-7 22:44 )

ご無沙汰しています、白神です。

フウパパさんのお話とそれ以降に続くお話には、三つの問題が入っている様に見受けられました。話題が話題なだけに、書き方・内容に不快を感じられる方もいるかもしれませんが、私の視点は相変わらず、子供が苦しまないように、です。ご勘弁を。

煙草は毒

現時点で「煙草は白血病の一因に挙げられている、煙草は毒なのだ」と言い切っても良いと思います。

実際の話としては、まわりくどい言い方になりますが、「白血病の原因はわかっていないが がん細胞を誘発する確率の高い要因の一つとして 煙草の毒は挙げられるのだ」、という事です。10年後、20年後、何年かかったとしても、必ず原因が突き止められます。それが科学です。その時初めて、過去に遡って後悔する事は、、、悲しく虚しいことです。電磁波測定器を持ち出したり、食品に気を配ったり、今疑わしき原因をことごとく潰したがるのは親として当然の行為です。煙草も喫煙者の気持ちの問題ではなく、子供への毒性の問題なのだ、という事を強く認識する事が大事だと思います。

目を通された方も多いと思いますが「わかりやすい白血病の話:白血病の原因」に煙草の話が載っています。

煙草の害毒は、主流煙・副流煙ニコチン・タールなどキーワードがありますが、二ヶ月前の新聞記事にダイオキシンという言葉が出ていました。今日現在リンクできる様ですが引用しておくと:

引用:

「たばこの毒、細胞内ではダイオキシン並み 山梨大研究」

2006年07月13日

 たばこを吸うと、猛毒ダイオキシンが大量に体内に入った時と同じ反応が細胞内で起こる。こんな報告を、山梨大医学工学総合研究部の北村正敬教授(分子情報伝達学)らが、米学術誌「キャンサー・リサーチ」15日号に発表する。
 ダイオキシンはヒトの体内に入ると、細胞にある受容体(カギ穴)にカギが入るように結びついて細胞を活性化させ、毒性を発揮する。国は健康に影響しない1日の摂取量を、体重1キロ当たり4ピコグラム(ピコは1兆分の1)と示している。
 北村さんらは、たばこの煙とこのダイオキシンの受容体とのかかわりに着目。市販されているたばこ1本分の煙を溶かした液体を使い、マウスの細胞の反応を調べた。国の基準の164〜656倍のダイオキシンが受容体に結びついた状態にあたる活性がみられ、タール量が多いと活性も高くなる傾向が出た。
 さらに、受容体に結合すると血中に特殊な酵素が出るように遺伝子を操作したマウスに、たばこの煙を吸わせると、24時間後に酵素の量が約5倍に増えた。
 北村さんは「たばことかかわっていると見られる発がんや妊娠異常などはダイオキシンの健康被害と似ており、同じメカニズムが関与している可能性がある」と話す。

ダイオキシンに関しては発がん性はないという俗説もあるようですが、それでも既に発生したがんを増殖させる事は証明済みだそうです。白血病にとっては、完解=(なくなってはいないけど)検知できない程度、ですから見過ごせないポイントとして潰しておきたい要因です。今後もさらに煙草の毒性は証明され続けていくと思います。

家族の問題

家族・親族の問題は疲れますね。何度も気を取り直しながら、取り組まなければならないし、なんでわからんの?と虚しさも付いて回りますから。私も義母が「マスクなんているの?」と、感染症防止マスクをずらして話し出したので、子供から離れた時に、感染の知識をベースにあることないことをでっち上げて、マスクをしない事がいかに命に関わる重大事かと御説明申し上げ、義母上様が顔面蒼白になった時点で話を止めました。以降、マスクを顏にぴったりと貼り付ける様になってくれました。嘘をついた、というよりは、方便を使ったと思ってます。世代が違うと新しい事に対する知識量の差を利用できるもんだと気づきました。繰り返すようですが、御老体の方々に節度を求める際の要点は、ただ一つ、「孫に悪影響が出る」。同年代の伴侶に対しては、この手は使い難いかな。

、、、とは言え、他人が入り込めない所であり、奇麗事ではすまない事ですので、よくよく考えて工夫してがんばるしかないのかもしれません。辛くなったら、またいっぱい書き込みしましょう。

実はこの煙草害毒の話題、りょんちさんが呼んでる気がちょっぴりしたので、しゃしゃり出てきました。その節は本当にありがとう。余談になりますが、先日、北の国から飛行機に乗って友人(らりー)がわざわざやって来てくれました。彼は、りょんちさんを始めとしたお母さん達と白神の会話には入り込めない程のステージの高さを感じていた、と言い、目を真っ赤にしてもみじの為に深く哀悼してくれました。私は彼を相手に、家族・親族には言えない事、ブログでは書けなかった事、友人という存在がどんなに心強かった事か、ネットで知り合ったお母さん達の言葉にどれ程慰められ励まされた事か、淡々と長々と静かに語る事が出来ました。彼が帰った後、あっ、これが一つの区切りかな、と思えました。友人は家族以上の支えになる事があるので本当にありがたいです。そうそう、余談ついでにですが、私の心の中にはもみじがいつも居ます、もみじが申すには「とびげり(こしにちゅういして)や、くびしめ(ねてるときはだめよ)はいいけど、ハンマーつかうなら“このハンマー”をプレゼント!」という事で、暖かい言葉を掛け続けてくれたりょうんちお母さんが一人ハンザイシャにならぬよう心配していました。お好きなハンマーをお選び下さい!

喫煙と禁煙

引用:
私の周りで、あまりに理屈をこねて吸う人が多い

ひまわりさんがお子さんを思う気持ちに比べて、一般的に喫煙者の言い分は「ヌルい屁理屈」ですから、ひまわりさんの憤慨は当然ですね。「お手柔らかに」というスピード感覚では、我が子が守れない!と感じますよ。子供の前で吸うな=禁煙しろ、ではなく、子供の前では吸うな=子供に害がある、ですからね。一般の家庭で親・祖父母が禁煙するのしないのという話とは一緒にできません。

敢えて言うならば、禁煙の為の動機として、病気の子供の為、というこれ以上ない動機が持てるのに禁煙出来ないと言うのは、不思議なことです。おそらく本人が肺癌と診断されたら、煙草止めると思うのですが(如何でしょう?)、すると、本人自身の為にはがんばれるが、子供の為にはがんばれない、という事になってしまいます。親としては奇妙です。やはり、肺癌の一因=煙草、と同様には、白血病の一因=煙草、という意識を持てないでいるという事なんでしょうかね。

長々と失礼でした。

はな  (2006-9-8 11:56 )

息子の病院の正面玄関でもタバコを吸う入院患者や外来患者、裏口では業者の人たちがタバコを吸っています。正面玄関のすぐ近くに病棟とつながる階段があり、風の強い日などは7階の小児病棟の踊り場までタバコの臭いがプンプンしました。

以前は自販機コーナーが喫煙場所だったのですが、ボヤ騒ぎがあってから、建物内での喫煙は禁止になりました。それでも正面玄関や裏口といった、出入り口付近すべてが喫煙場所になっているので困ったものです。息子が入院していたころよりも規制されているようですが・・・。

病院内での喫煙については、病院側に伝えて対処してもらったほうが無難かしら。病院に設置されているご意見箱に投書したり。

お父様へは、やはり奥様にお願いしたほうがいいでしょうね。自分の親だと強く言えますから♪もし止めてくださったとき(または禁煙宣言されたとき)は、ひとこと「孫のためにありがとうございます」と。フウパパさんのお礼の一言でそれ以降、孫の前では吸えないんじゃないかな。完全にやめることができなくても、せめて孫(子供)の前では吸わないようにしてもらうことが第一だと思います。これで止められれば本当にすばらしいことですよね。


話題が話題なだけについつい熱くなってしまいますね。

私も喫煙する夫には非常に厳しい言葉で攻撃していました。外食中にたばこの煙を吸ったときは最悪でした。「食事中に強烈に臭いおならされてどう思う?! 食事中のタバコの煙はそれと同じ!!」。たばこはどれほどの害があるのかも話し、あなたの体と子供の体のために…と禁煙をすすめ、禁煙グッズも揃えました。
それでも禁煙できないと、息子が白血病になってしまった原因はタバコを吸う夫だ!!と。そう思うと攻撃も激しさを増していきます。

結局、タバコは隠れて吸っているようなのでやめられないでいると思うのですが、家の中や家族の前では一切吸わなくなりました。それで私の気持ちも落ち着き、たばこのことで夫ともめることがなくなりました。

人を変えようとするのは本当に難しいですね。
ス〜パパさんの書き込みは参考になりました。奥様が上手に話されたのでしょうね。
男性には少し申し訳ない話になるのですが、男性は女性と比べて「褒め言葉」に弱いそうです。その褒める相手が女性だと余計に嬉しくなってがんばってしまうのでしょうね。本数が減っただけでも「ありがとう」、家族の前で吸わなくなったら「ありがとう」、押してだめなら引いてみる、というのはこのことかな。「屁理屈を並べる喫煙者」VS「心は鬼、顔は女神の非喫煙者」これもなかなかの勝負になりそうですね 。


(桜) ところで、禁煙経験のある方はどのように禁煙されたのでしょうか? (桜)

ちなみに私の祖父2人(天国の住人)も喫煙していまして、父方の祖父は医者にやめるように言われてからパタリとやめました。母方の祖父は肺がんで医者に止めるように言われているにもかかわらず吸い続けていました。孫に注意されてもやめませんでした。肺がんの苦しみを見てきたので、せめて子供たちにはタバコを吸わないように教えていきたいと思っています。

あいゆうママ  (2006-9-8 12:24 )

みなさん、こんにちは。

実は私も旦那も喫煙者・・・でした。
旦那は1年前、私は5ヶ月前に禁煙に成功。
今では2人とも完全なる禁煙者、周りで吸われるのも嫌いになってしまいました。


弟が持っていた禁煙本があります。
【禁煙セラピー】というKKロングセラ→ズからの出版本です。
数多くの有名人が、この本を読んで禁煙に成功されているらしいですよ。
私はこの本を読む事はなかったので、実際の効果の方はわかりませんが・・・。


そして本題。
私と旦那の禁煙法ですが・・・
体調を崩したからです(すみません、こんなんで・・・)。
旦那の場合は、娘が入院し、タバコの本数が増え、気分が悪くなり吸えなくなったようです。
私の場合は、娘が天国に行く少し前から忙しくて吸える時間がなくなり、旅立ったて少し落ち着いてきた頃に吸ってみると、全く受け付けなくなっていました。
娘が「もう吸うなよー」って言っているのだと思って、今では見向きもしなくなりました。

何か、お役に立てれそうにない話ですね・・・

習慣になってしまっている喫煙を絶つ事は容易ではないでしょうが、禁煙してしまうとホントに健康的になったような気がします。

喫煙者の皆さん。
皆のため・大切な家族のため・何より自分のために禁煙してみませんか?

フウパパ  (2006-9-9 1:30 )

こんばんは

あいゆうママ さん

弟さんの持っていた本、私の読んだ本と同じです。
懐かしいです。効果はありましたよ☆

私は約5年前になりますが、この本を読みました。
私は少し人より早い時期から吸いはじめ、
絶頂時には1日に2箱吸っていました
(スモーキング・ブギというダウンタウンブギウギバンドの歌があるんですが、そんな感じでした《知っている人だけに…》)
今思えば、最悪最低です。
しかし、やめるのに時間はかかりませんでした、
やめるのに苦しみ、禁断症状は極少々ありましたが、
世間で取りざたされるうわさほどは、たいしたことないです。
というか、白血病の子供の薬の副作用と比べたら、
いや失礼、比べ物にならないです。
『タバコをやめる禁断症状?苦しみ?ハア?!馬鹿なこと言ってないでさっさとやめろ。』(まちゃまちゃ風)
というくらいタバコの禁断症状はたいしたことないです。
よくわからないでしょうか…

その当時、これはすばらしい本だ!!と
タバコをやめたい、と言っていた親戚、友人に勧めたのですが、
読まないんですよ、
やめる努力何もしてないんですよ、
やめたい、なんて言っているのは、見せかけの態度でした。
それからは、『タバコをやめたい』なんて言っている人にあっても、この本を薦めていませんでした。
私は、本を読んで考え行動することによってやめられたと思います。
魔法の本ではないですから、手にするだけでやめられるのではないです。

いま、タバコを吸っていて
本当にやめたいって思っている人がいるのなら
購入に資金と手間が必要ですが、
是が非でも一度この本を読んで頂きたい。です。


ところで、前に書きました
病院の周りの喫煙者ですが、このところ 激減!
ほとんど見かけなくなりました。
警備員が注意しているようです。
さらに、いつの間にやら 禁煙と赤字で書かれた張り紙がちらほらと張り出されていました。
病院付近に喫煙者がいなくなるって当たり前のことであってほしいのですが…
そんな当たり前のことが、とても気持ちがいいです。

りょんち  (2006-9-9 9:42 )

白神さん、お久し振りです。お目にかかれて、嬉しいです。
季節は夏の盛りを過ぎ、風が少し涼しく感じられますが、いかがお過ごしかと、思っておりました。
きっと、もみじ君が、私の耳元で「パパ呼んでごらん。」と言ってくれていたんだと思います。
あと、りょんちびの部屋にあった、「ピコピコハンマー」。どうも最近目がいくのは、もみじ君のオススメかもしれませんね。あれなら、多少力入れて叩いても、大丈夫でしょう・・・。

たばこの害については、参考になりました。
他の方の資料も含め、「ほら、見てみなさい!だからやめろと言うんです!」と仁王立ちするのではなく、「こんなに体に悪いんだって、あなたが心配だわ(ああ、寒イボが)」と、優しく言うのが、ポイントですね。

ただし、子どもに関しては、毅然とします。
やめさせるのではなく、こっちが逃げますね。
先人の経験で、今の医学の発展や、健康に関する有益な情報が、あるのですよね。
それに感謝し、上手に活用しないといけませんね。

フウパパ  (2006-9-15 0:15 )

こんばんは
フウパパ です

皆さまの対喫煙者のご苦労に比べると
とても小さなものなのですが、一応ご報告まで

私の義父が喫煙者で先日、義母と共に我家へ来ました。
私から直接言おうと思っていたのですが、
やはり嫌な事からは逃げたい気持ちになり、
結局、ママにお願いして、
言ってもらいました。『家を出て出発するときからタバコを持たないで』と言うようなこと伝えたそうです。
結果、タバコを持ってきませんでした。
臭いもなく、吸殻を目にすることもなく、めでたし めでたし でした。
やはり、実の親子で話をしたのが良かったんですね。

助言、忠告いただいた
ひまわり さん  りょんち さん  はな さん  きらきら さん
ス〜パパ さん  白神 さん  あいゆうママ さん

ありがとうございました そしてお幸せをお祈りしています。

ス〜パパ  (2006-9-18 15:34 )

私も先月、妻の両親が末期癌の義婆のお見舞いに我が家に1週間泊まりました。

喫煙者の義父に対してどうしようか?悩みましたが、ス〜が1時退院してる事もあり、
妻の方からきっぱり”タバコは、玄関の外で吸ってネ!”といって貰いました。
私は玄関外に義父の為に、喫煙席を設けたりそれなりの環境作りをしました。
そのまま、”ではお父さんごゆっくり”とは言えずに1日1本だけ義父と1週間
付き合ってしまいました!(#正に、”喫煙者に甘い!”と、皆さんから叱られそうですが?)

尚、元に戻すのに更に1週間掛かってしまいました!(反省)

ゲスト  (2006-9-20 13:28 )

ゲストの「デカおとうさん」さんからの投稿です。
---

こんにちわ!
私も2年程前迄チェーンスモーカーでした
3箱4箱/日 吸っておりました(皆さんに迷惑を掛けていました)
ここ数年たばこを吸う環境は変わってきました
職場の会議室も禁煙(そこの上司が喫煙者か、非喫煙者で少々変わる場合がありますが)
仕事に夢中になり、「あーだ、こーだ」言っていると気がつかずにたばこに火をつけて「ここは禁煙だよ!」と言われることがしばしばありました
自分でも無意識のうちにしていたので、愕然としました
家内にも「たばこの本数、減らしたら、長生きしてもらいたいから」と言われ続けていたときです
「本数減らせるなら、辞める」と思い禁煙しまた
私に取ってたばこは、ストレス解消、気分転換でした
生きている間は、ずーーっと吸っているだろうな...と思っていました
私の職場は、喫煙率が高く、仕事をしているときは、禁煙が辛いだろうと思い、夏の連休(9連休)に開始しました
初日は吸いたくて吸いたくて仕方有りませんでした
禁断症状みたいなのは、無かったでした
夢で吸うのは、何度も見ました...夢の中のたばこは、もの凄くおいしいんです!! Hi!
20代の頃、一度禁煙しようと1週間ほど、辞め、仲間と呑みに行った時、目の前でおいしそうにたばこを吸われ、我慢が出来なくなり、人からたばこはもらわず、自分の吸っていた銘柄のたばこを買いに走りました
先に書いたように、夢の中のたばこは、もの凄くおいしいのですが、わざわざ買ってきた自分の好きな銘柄を思いっきり吸いました
おいしいぞーーっと頭で考えていましたが、ただの煙の味しかしませんでした
その記憶も今回の禁煙の後押しになってくれたと思います
たばこは中毒では有りません(私の場合は)
癖みたいな物で、指に挟んで、口で吸って、その動作がしたくて仕方ない感じでした
喫煙していた頃は、特に体に問題は有りませんでした
良く朝、端が絡み、歯磨きをすると「オェッ」となる、朝食がまずいとみなさんが言っていましたが、私は有りませんでした
たばこが、体に合っていると思っていました

辞めて幸せです
いろいろな場所で必死に喫煙場所を探して居る同僚を見ると、自分は気が楽だな〜っ、体、口が臭くない....吸っているときは解りませんでした
この臭さが、無くなっただけでも幸せです
もちろん吸わない人たちに、こんなに迷惑を掛けていたのか、知ったのも良かったです
皆さん、ご迷惑をおかけしましたm(__)m

禁煙する時は、もの凄く恐怖感が有りました
なにも怖くありません!!
中毒でもありません!
癖です....人と話している時、頭をかくのを辞める程度です
頑張って、禁煙してみてください!

息子の前でも、沢山、たばこを吸っていました...で、病気になったのかと、今 思っています...もうどうしようも有りませんが、反省の日々です 後悔先に立たずです

白神  (2006-9-20 21:56 )

引用:

息子の前でも、沢山、たばこを吸っていました...で、病気になったのかと、今 思っています...もうどうしようも有りませんが、反省の日々です 後悔先に立たずです

もう禁煙されてるとの事、ひょっとしてですが、もし私の書き込みで気にされているのであれば、たっぷりの砂糖とミルクを入れて 読み流して下さい。屁理屈ではない(と思ってる)のですが、オーバーな表現手法は得意なもので。あしからず

ゲスト  (2006-9-21 7:51 )

ゲストの「デカおとうさん」さんからの投稿です。
---

白神さん、おはようございます
お心遣いありがとうございます
そんな事ないですよ!
自分でそう思っているんです....スパスパ吸っていましたから
車で渋滞中など....100%がそうだと思いませんが
関わったな.....みたいな感じで反省しています

おっとう  (2017-3-26 17:40 )

こんにちは 投稿 読まして もらいました お気持ち 良く分かります。うちも そうです 6歳の男の子がいます 自分は、子供が 生まれると同時に 6年前に タバコを自力で やめました。子供に 悪い影響を 与えたくないの 一心で 子供を思う(父親です。)親として 健康に 育ってほしいだけです。ですが 同じリビングで 子供がいるすぐそばで 嫁の父親ですが ヘビースモーカー 5、6分に一本 吸います 自分の部屋では 一切すいません ですので 吸い溜めして 部屋へ戻ります。食事中も吸います 換気一切しません たまりかねて 換気すると 寒い 閉めろ 換気扇回すと 止めろ もう別で 住むしか無いのですが 離れて暮らすとしたら 義理父 1人になるから どうしようもないです 後は どちらが 病気になるしか無いですね。


広告