このトピックの投稿一覧へ

どのように禁煙しましたか?

はな  (2006-9-8 11:56 )

息子の病院の正面玄関でもタバコを吸う入院患者や外来患者、裏口では業者の人たちがタバコを吸っています。正面玄関のすぐ近くに病棟とつながる階段があり、風の強い日などは7階の小児病棟の踊り場までタバコの臭いがプンプンしました。

以前は自販機コーナーが喫煙場所だったのですが、ボヤ騒ぎがあってから、建物内での喫煙は禁止になりました。それでも正面玄関や裏口といった、出入り口付近すべてが喫煙場所になっているので困ったものです。息子が入院していたころよりも規制されているようですが・・・。

病院内での喫煙については、病院側に伝えて対処してもらったほうが無難かしら。病院に設置されているご意見箱に投書したり。

お父様へは、やはり奥様にお願いしたほうがいいでしょうね。自分の親だと強く言えますから♪もし止めてくださったとき(または禁煙宣言されたとき)は、ひとこと「孫のためにありがとうございます」と。フウパパさんのお礼の一言でそれ以降、孫の前では吸えないんじゃないかな。完全にやめることができなくても、せめて孫(子供)の前では吸わないようにしてもらうことが第一だと思います。これで止められれば本当にすばらしいことですよね。


話題が話題なだけについつい熱くなってしまいますね。

私も喫煙する夫には非常に厳しい言葉で攻撃していました。外食中にたばこの煙を吸ったときは最悪でした。「食事中に強烈に臭いおならされてどう思う?! 食事中のタバコの煙はそれと同じ!!」。たばこはどれほどの害があるのかも話し、あなたの体と子供の体のために…と禁煙をすすめ、禁煙グッズも揃えました。
それでも禁煙できないと、息子が白血病になってしまった原因はタバコを吸う夫だ!!と。そう思うと攻撃も激しさを増していきます。

結局、タバコは隠れて吸っているようなのでやめられないでいると思うのですが、家の中や家族の前では一切吸わなくなりました。それで私の気持ちも落ち着き、たばこのことで夫ともめることがなくなりました。

人を変えようとするのは本当に難しいですね。
ス〜パパさんの書き込みは参考になりました。奥様が上手に話されたのでしょうね。
男性には少し申し訳ない話になるのですが、男性は女性と比べて「褒め言葉」に弱いそうです。その褒める相手が女性だと余計に嬉しくなってがんばってしまうのでしょうね。本数が減っただけでも「ありがとう」、家族の前で吸わなくなったら「ありがとう」、押してだめなら引いてみる、というのはこのことかな。「屁理屈を並べる喫煙者」VS「心は鬼、顔は女神の非喫煙者」これもなかなかの勝負になりそうですね 。


(桜) ところで、禁煙経験のある方はどのように禁煙されたのでしょうか? (桜)

ちなみに私の祖父2人(天国の住人)も喫煙していまして、父方の祖父は医者にやめるように言われてからパタリとやめました。母方の祖父は肺がんで医者に止めるように言われているにもかかわらず吸い続けていました。孫に注意されてもやめませんでした。肺がんの苦しみを見てきたので、せめて子供たちにはタバコを吸わないように教えていきたいと思っています。

投稿ツリー

  条件検索へ


広告