このトピックの投稿一覧へ

Re: タバコを吸う人への対応ってどうされてますか?

ス〜パパ  (2006-9-7 1:56 )

こんばんわ、ス〜パパ@数ヶ月前迄は、吸うパパでした!(苦笑)です。
実は、私小さい頃は病弱で”小児ぜん息とアレルギー性鼻炎”を患っており、鼻血が出易く幼稚園・小学・中学・高校・予備校で時たま授業中に横になって受ける事がありました。それでも私の父は、平気で当時私の前でタバコを吸ってました!4つ上の兄も大学へ行くようになって当たり前のようにタバコを吸うようになり、2つ上の兄も同様でした、私も大学受験に失敗し予備校&教習所通いしながら普通にタバコを吸うようになってました。30年前は、これが極普通でした。ぜん息と鼻炎は、タバコを吸うようになってからは全く影を潜め、鼻血も出難い体質に変わってました。喫煙者から省みると30年前と20年前と10年前と環境が様変わりしてきたと言えます!
30年前:喫煙者天国で、どこでも吸える環境だった分、非喫煙者が我慢を強いられてた!
20年前:タバコは、灰皿のある所でブームが起こり非喫煙者も”俺タバコ嫌いなんだ!”と言える時代へ
10年前:嫌煙権ブームが盛り上がり、オフィスの分煙化や携帯灰皿の時代へ突入!益々愛煙家は肩身の狭い時代へ
そして現在:地区条例により歩行禁煙が高まり日本中あらゆる地域での禁止!このことにより、10年前までは、携帯灰皿を持つことが、良いマナーとされてたのが逆にそれを持つ事がマナー違反の時代へと。。。
対応として;
いきなり”タバコ止めて!”と言っても無理です。恐らく未だにタバコを吸ってる人は、アナログ人間で気が弱い小心者だったりもします!ですから、いきなり止めさすのではなくハードルを下げ、周りに迷惑だからではなく”貴方の健康の為に少しでも本数を減らすようにしたら?”位の表現に留める事です。わたしも娘の病気がきっかけで禁煙に成功したとも言えますが、妻からの”決して無理はしないでね、本数が減る位でも良いのだから”と言う言葉が、心の支え?と言うか?妻の罠?だったかも知れない?今から思えば。。。正に『北風と太陽』です。押しても駄目なら引いてみな〜ってかー!!

投稿ツリー

  条件検索へ


広告