このトピックの投稿一覧へ

Re: どうやって息抜きをして病気の子供と接していますか?

ショウのパパ  (2007-12-14 2:17 )

はじめまして、
実際は、全く違うかもしれませんが、私の場合の父親の立場からのコメントです。

私も当初は家内に息子の事を任せっきりでした。週に1回程度来院すると、医師も看護師さんも、「ショウ君は、本当に良くがんばっています。こんなにがんばる子は珍しいです。病状も順調ですよ!」という言葉に、「さすがわが子!」と思い、日々の辛さや苦しさを全く理解していなかったのです。

お兄チャンからの骨髄移植後、仕事に暇が出来ていたので、毎日のように病院に行くようになってから驚きました。こんなにも、苦しんで、口からもお尻からも血を流し、手足を震わせ、顔も身体も別人のように腫れ上がり、ウンともスンとも言わない・・・・。
家内に聞くと、似たような事は、今までにも何回か有ったとの事。

その時ばかりは、本当に自分はバカだったと後悔しました。

確かに、白血病という難病の治療の中では順調なのかもしれないし、他の子供たちと比べると強いのかもしれない。
でも、でも、まだ、10歳の小さな身体で、大人だったら耐えられないような苦しみと戦っているんですよね!

それから、0からはじめた自営の仕事を全て閉鎖し、一会社員として勤め始め、私自身の生き方も変えました。
正直、それが正しいのかどうかわかりません。
ただ、息子は無事退院し、世界中の誰よりも私という父親を愛し、尊敬してくれています。

ご主人も、影では相当悲しんでいると思います。ただ、男というのは、辛い事や苦しい事を仕事で紛らわそうとする馬鹿な考えを持つ生き物です。また、現実を直視する勇気も女性よりありません。

管理人さんも、相当お疲れだと思います。
この際、うそでも2〜3日倒れてみてはいかがでしょうか?
実際に、2〜3日間、仕事を休まざるを得なくなり、お子さんのそばに付き添えば、現実を直視できますし、管理人さんの今までの苦労も100分の1くらいは、理解できると思います。

そこまでして、ご主人が何も変わらないようなら、お子さんが無事に完治して、普通の生活に戻っても、ご家族やご夫婦は、幸せにはなれないと思います。

この際、思い切って別々の人生も視野に入れるべきですね!!
もちろん、そうならない事を祈っておりますが。
ただ、今、やれる事をやるだけやって、それでも、変化がなかったら、それだけの人間であり、頼るだけの価値のない人と見切りをつけるべきです。

今、一番がんばっているのは、お子さんです。

管理人さんではありません。

お子さんのがんばりに比べたら、自身の悩みなど、小さいものです。そう思えるようになる事が、親として子供を本当に愛するということではないでしょうか???

当時、入院中の息子の所ばかり行き、他の子供達の食事も明日の準備もしない家内に腹を立ててました。

仕舞いには、パート先の仲間が、家内が可哀想だといい、気晴らしに幾度となく居酒屋に誘うようになり、酔っ払って朝帰りもするようになりました。そんな家内の姿を見て、私も何度も真剣に離婚を考えました。

でも、その前に、今まで父親として子供達に対して100%父親らしい事をしたという自信を持って言う事が出来ませんでした。

子供からしたら、一生、たった一人の父親です。
事業の全てを捨てる事はなかったかもしれませんが、そこまで決心したという形を残したかったのです。
ただ、子供の事を最優先に考えるようになってからは、家内とのすれ違いもなくなり、二人でデートをする事もできるようになりました。

管理人さんのカキコミしたメッセージ・・・。
そのまま、以前、家内が号泣しながら私に訴えかけた内容と全く同じなので、見過ごす事が出来ませんでした。
おせっかいなメッセージごめんなさい。

ただ、何も悪い事をしていないし、何の罪もないのに、好きな遊びも、好きな食べ物も、好きな友達とも自由に出来ないのに、誰よりもがんばっているのは、あなたが世界で一番愛している宝物である「お子さん」だという事を肝に銘じてくださいね!

それでは、最後に・・・。

今の現状から、学ぶべき事があるから、神様はその試練を与えているそうです。あなたの学ぶべき事は何でしょう????

投稿ツリー

  条件検索へ


広告