Amazon エントリリスト
  ≪  1 (2) 3 4 5 ... 11  ≫  

ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間 (ノンフィクション・隣人たちの哲学)

ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間 (ノンフィクション・隣人たちの哲学)

  (ポプラ社)  小児がん闘病記 (医者の立場から)   登録日:2011/05/03   閲覧数:1541   

1986年4月26日。チェルノブイリ原子力発電所で史上最悪の爆発事故が起きました。放射能に汚染された土地では、小児甲状腺ガンが増えつづけています。「ここで、ぼくの医療技術が役立つかもしれない... ⇒続きを読む

グッドライフ (小学館文庫)

グッドライフ (小学館文庫)

金光 英実  (小学館)  小児がん闘病記 (小児がん)   登録日:2011/03/09   閲覧数:1935   

2011年4月火曜22時からの反町隆史さん主演ドラマ「グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜 」の原作本。

もし、自分の子供が白血病になったら、あなたは何ができますか。 ⇒続きを読む

わたしは いま とても しあわせです ―難病のともだちからあなたへ (からだとこころのえほん 17)

わたしは いま とても しあわせです ―難病のともだちからあなたへ (からだとこころのえほん 17)

大住 力, 相野谷 由起  (ポプラ社)  病気・身体 (図鑑・絵本)   登録日:2011/01/10   閲覧数:1920   

この絵本の文章は、アメリカのフロリダ州にある、ギブキッズザワールド(難病の子どもと家族が1週間無料ですごすことができる施設)のノートに書きこまれた子どもたちの言葉を編集したものです。

こ... ⇒続きを読む

きょうだい―障害のある家族との道のり

きょうだい―障害のある家族との道のり

  (中央法規出版)  支援・ケア (きょうだい児のケア)   登録日:2010/10/29   閲覧数:1491   

「どうしていつもお兄ちゃんだけ?」「友達には自分から話すべき?」「大切な人に話したらどう思われるだろう?」「親亡き後のこと」…。障害のある兄弟姉妹がいるから考えることを63のエピソードで掲載、... ⇒続きを読む

生きようよ

生きようよ

いせ ひでこ  (岩崎書店)  病気・身体 (図鑑・絵本)   登録日:2010/10/29   閲覧数:1913   

寿命が尽きるまでは死なないでほしい。子どもは絶対、死んじゃいけない人だから。たくさんの子どもたちの死を看取ってきた医師からの「いのち」のメッセージ。(「BOOK」データベースより)
 ⇒続きを読む

続・ドクター中川の“がんを知る”

続・ドクター中川の“がんを知る”

  (毎日新聞社)  病気・身体   登録日:2010/08/21   閲覧数:1570   

日本人のおよそ2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しています―世界一の長寿国は、世界一のがん大国でもあります。ところが、この国民病とも言える“がん”に対する知識や教育は、他の... ⇒続きを読む

ドクター中川の“がんを知る”

ドクター中川の“がんを知る”

  (毎日新聞社)  病気・身体   登録日:2010/08/21   閲覧数:1783   

日本人のおよそ2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しています―世界一の長寿国は、世界一のがん大国でもあります。ところが、この国民病とも言える“がん”に対する知識や教育は、他の... ⇒続きを読む

がん緩和ケア最前線 (岩波新書)

がん緩和ケア最前線 (岩波新書)

  (岩波書店)  支援・ケア   登録日:2010/08/21   閲覧数:1192   

いまや二人に一人が、がんになる時代。だが、日本では「緩和ケア」が大きく誤解されてきた。治療の断念後、終末期にせめて痛みの除去を、ではないのだ。最新の薬剤・技術を用い、早期から治療と並行してさま... ⇒続きを読む

がんが転移・再発したときすぐに知りたいQ&A (The CANCER SERIES)

がんが転移・再発したときすぐに知りたいQ&A (The CANCER SERIES)

矢沢サイエンスオフィス  (学習研究社)  支援・ケア   登録日:2010/08/21   閲覧数:1145   

がんは他の病気と違い、治療しても転移・再発する可能性があります。そうなる前に、またはそうなったときに生じるあらゆる疑問にQ&A方式でわかりやすく答えます。本書では、なぜがんは転移するのかという... ⇒続きを読む

家族がガンになったときすぐに知りたいQ&A (The CANCER SERIES)

家族がガンになったときすぐに知りたいQ&A (The CANCER SERIES)

矢沢サイエンスオフィス  (学習研究社)  支援・ケア   登録日:2010/08/21   閲覧数:1318   

出版社 / 著者からの内容紹介
家族の誰かがガンになったとき、直面することごとすべてが初めてのこととなる。そのときに、具体的に何を、どうすればいいのか、医者選びから、実際の治療に入るときに... ⇒続きを読む

がん 家族はどうしたらよいか-告知・医療・ホスピス・看取り 迷い、悩んだとき (池田書店の健康と家族シリーズ)

がん 家族はどうしたらよいか-告知・医療・ホスピス・看取り 迷い、悩んだとき (池田書店の健康と家族シリーズ)

  (池田書店)  支援・ケア   登録日:2010/08/21   閲覧数:1114   

家族ががんになった時どうすればよいか。家族が病人の気持ちを理解する為に役立つ情報、告知についての考え方等を紹介。また病状を理解する為や治療法の選択について、病人と相談し、又主治医を話し合う時に... ⇒続きを読む

がんとこころのケア (NHKブックス)

がんとこころのケア (NHKブックス)

  (NHK出版)  支援・ケア   登録日:2010/08/21   閲覧数:997   

いま、あなたががんに罹ったら、または家族ががんに罹ったら、いったいどうすればいいのだろうか。医学が進歩した今日でも、がんは命を脅かす病気として、患者や家族のこころに重い影響を及ぼす。がんと向き... ⇒続きを読む

がんを生きる (講談社現代新書)

がんを生きる (講談社現代新書)

  (講談社)  支援・ケア   登録日:2010/08/21   閲覧数:1166   

告知、治療、緩和とどう向き合うか。2000人を担当した名医が患者や家族にやさしく問いかける。(「BOOK」データベースより)
 ⇒続きを読む

がんと一緒に働こう!―必携CSRハンドブック

がんと一緒に働こう!―必携CSRハンドブック

CSRプロジェクト  (合同出版)  支援・ケア   登録日:2010/08/21   閲覧数:982   

がんになったら、もう働けないの? がん経験者たちが「この問題をなんとかしたい」と集まり作った、就労を応援する本。 (「BOOK」データベースより)
 ⇒続きを読む

幸福のレシピ―チャイルド・ライフの世界より

幸福のレシピ―チャイルド・ライフの世界より

  (新教出版社)  支援・ケア (チャイルド・ライフ・スペシャリスト)   登録日:2010/07/09   閲覧数:1371   

東京新聞・中日新聞に2008年4月から2009年4月まで連載されたエッセイ全55回分に加筆修正し出版される。「病気の子どもが幸せになれるヒントは、すべて子どもを幸せにする」との思いで、病棟など... ⇒続きを読む

病院近くのわが家―難病の子と家族の滞在施設をつくる

病院近くのわが家―難病の子と家族の滞在施設をつくる

  (自由国民社)  支援・ケア (難病支援情報)   登録日:2010/07/09   閲覧数:1356   

小児がん等の難病と闘う子どもと付き添い家族のため「もう一つのわが家を」と、日本で動き出して、12年。発祥の地、アメリカの滞在施設 (マクドナルド・ハウス) から日本でのファミリーハウス運動の... ⇒続きを読む

やさしさの木の下で―ぼくとびょうきとファミリーハウス

やさしさの木の下で―ぼくとびょうきとファミリーハウス

うえだ いずみ  (自由国民社)  小児がん闘病記 (小児がん)   登録日:2010/07/09   閲覧数:1557   

少年は、今20歳。小児がんと闘った少年と家族の体験が絵本になりました。
「ぼくが病気になったとき、ぼくたち家族が出会ったファミリーハウス。それは、人の"やさしさ"でできていた・・・・・・」... ⇒続きを読む

ぼくの病気はいつなおるの?―ツヨシ君のいちばん聞きたいこと

ぼくの病気はいつなおるの?―ツヨシ君のいちばん聞きたいこと

榧野 ヒカリ  (太陽の子風の子文庫)  病気・身体 (図鑑・絵本)   登録日:2010/07/09   閲覧数:2007   

小学3年生のツヨシくんが院内学級の先生に質問しました。
「ぼくの病気はいつ治るの?」

1人の子どもと向かい合う院内学級の先生、そして作者である小児科医のあたたかく力強いメッセージが、... ⇒続きを読む

生きる。―がんと向きあう7人のストーリー

生きる。―がんと向きあう7人のストーリー

  (幻冬舎)  小児がん闘病記 (小児がん)   登録日:2010/06/15   閲覧数:1629   

なぜ人は生きるのか?

がんと向きあう7人の姿が、その答えを教えてくれる。
がんの時代の希望のストーリー。

「がんを乗りこえた彼女に、氷上のプロポーズが待っていた。」
肺がんから... ⇒続きを読む

ありがとうボクはしあわせ―ホームホスピスの現場から

ありがとうボクはしあわせ―ホームホスピスの現場から

  (編集工房ノア)  小児がん闘病記 (天使)   登録日:2010/06/15   閲覧数:1487   

在宅医療という形で、家に連れて帰ってあげよう。考え抜いた末に、私の出した結論がそれだった…。14歳11カ月を生き抜いた少年の不思議な明るさ。ホームホスピスで見守った医師と家族と人々の心の記録。... ⇒続きを読む


広告