Amazon わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
  ≪  1 ... 169 170 171 (172) 173 174 175 ... 209  ≫  

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)

Amazonの商品情報ページを表示する

アナグマは、もの知りでかしこく、みんなからとてもたよりにされていた。冬のはじめ、アナグマは死んだ。かけがえのない友を失った悲しみで、みんなはどうしていいかわからない…。友だちの素晴しさ、生きるためのちえやくふうを伝えあっていくことの大切さを語り、心にしみる感動をのこす絵本です。
内容(「BOOK」データベースより)


在庫あり。

スーザン・バーレイ(翻訳), 小川 仁央(翻訳)
価格:¥1,296 ( 39pt ) |  発売:1986-10-01 |  投稿:2007/11/21 | 閲覧数:2245

  ≪  1 ... 169 170 171 (172) 173 174 175 ... 209  ≫  

大型本商品情報

価格:¥1,296
ポイント:39pt
発送可能時期:在庫あり。
出版日:1986-10-01
大型本
著者:スーザン・バーレイ
出版:評論社
Amazonレビュー:
水彩とペンで描かれるイラストが暖かい、スーザン・バーレイのデビュー作。イギリスでは最もなじみの深い動物のひとつであるアナグマを主人公にした本書は、「身近な人を失った悲しみを、どう乗り越えていくのか」ということをテーマにした絵本。

賢くて、いつもみんなに頼りにされているアナグマだが、冬が来る前に「長いトンネルの むこうに行くよ さようなら アナグマより」という手紙を残して死んでしまった。悲しみにくれる森の動物たちは、それぞれがアナグマとの思い出を語り合ううちに、彼が宝物となるような知恵や工夫を残してくれたことに気付いていく。そして、春が来る頃には、アナグマのことは楽しい思い出へと変わっていった。

たかが子ども向けの絵本とあなどるなかれ。子どもたちに「死」について考えるチャンスを与え、すでに「死」を理解する大人にも静かで深い感動をもたらす。親しい人とのお別れを経験した方に、心を込めて贈りたくなる。(小山由絵)
(商品説明)


この商品を買った人はこんな商品も買っています

関連商品

ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋) 100万回生きたねこ (講談社の創作絵本) くまとやまねこ だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本) 手ぶくろを買いに (日本の童話名作選) いのちの時間―いのちの大切さをわかちあうために 改訂新版 家族・支援者のためのうつ・自殺予防マニュアル: 増補改訂版 家族・支援者のための 

注意事項

  • カートに入れるボタンは、この商品をアマゾンのカートに追加するものです。このボタンをクリックしただけでは購入手続きとはなりません。気になった商品はカートに追加しておき、後で正式な購入手続きを行うことができます。
  • このページの表示内容はアマゾンのウェブサービスを用いた情報となっています。在庫状況や価格はタイミングによって変更されることがありますので、アマゾンのサイトで購入手続きを行う際にもう一度確認してください。
  ≪  1 ... 169 170 171 (172) 173 174 175 ... 209  ≫  
広告