ニャロパパ  (2019-11-24 13:59 )

最近、ずっと息子について考えてしまいます。
亡くなった事だけではなく、普段の日々にも彼が悩んでいる時に「ああいう風に言ってやればよかった」とか。 いつか彼に進路の事を問いただして、ようやく重い口を開いて希望を聞いたのですが、俺にはそれが現実的ではなく子供じみた事に思えて否定的な事を言いました。 多分、言った彼も非現実的とは分かってるものの、小さい頃から俺とよく見に行ってて共通の趣味だったので、ひょっとしたら俺には理解して貰えるかも知れないと考えてたと思います。 俺の口から否定的な事を言われて落胆して肩を落としてた彼の姿が忘れられない‥
多分、母親に言っても分かって貰えないと思って俺に言ったんだろうに。 ゴメンな、ゴメンな、ゴメンな。 あんたのお父ちゃんはアホやな、あんたが居らんようになってから気付くなんて。
あの時に肩を押してやれずにゴメンな。
泣言ばかりで皆さんすいませんでした。

ひとりぼっち  (2019-11-29 16:25 )

にゃろパパさんへ
私も一人息子亡くして毎日辛いです。よく息子に言われました。「お母さんは何でも僕の言うことを否定する、だから何も話さなくなった」と。もっと話しを否定せずにじっくり聞いてあげればよかったと後悔と懺悔の日々です。

泣き虫パパ  (2019-12-1 23:08 )

ニャロパパさん、ひとりぼっちさん、

ほんと、子どもとのコミュニケーションって難しいけど、大事ですよね。
私も同じような事を思い出すことがあります。
お二人のお子さんがどういう夢を語り、どういうレスポンスをされたのかは
分かりませんが、親は息子の病状や、自分の人生経験に照らし合わせ、現実的な
話をしてしまうものです。それが結果として否定的なコメントになってしまうというのは、よくあることでした。
どんなつまらない事でもいいから、もう一度あの子の声が聞きたいそう思う日々です。

ニャロパパ  (2019-12-2 10:14 )

ひとりぼっちさん、泣き虫パパさん有難うございます。 ですよね、毎日「ああすればよかった、ああ言えばよかった」ってタラレバばっかりで罪悪感に押し潰されそうです。でも皆さんの子供達も含めて絶対、子供は親を責めてないですよね。逆に「お父ちゃん、お母ちゃん!俺のせいでそんなに自分を責めんといて!」って思ってるハズ。
ずっと先になるかも知れませんが、いつか私達が自分自身を許せるようになったら、開放されるんだろうなあ。
そうそう、声も聞きたいですし、もう一度だけで良いから会いたい。町中で似たような子がいたら思わず目で追っかけてます。主の居なくなったあの子の部屋から、物音がしたら慌てて見に行きます。その度にがっかりするんですけど‥。
皆様、体調にお気をつけてください。それでは又。

このトピックに投稿する

題名


ゲスト名




投稿本文


  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP