ホーム > フォーラム > 癒しの広場 > 悲しいとき > 昨年のあの日の娘を忘れられません
一松  (2019-9-2 17:58 )

昨年8月12日に娘をなくしました。
親から精神的虐待を受けている(学校に相談しようにも、教職者同士のつながりを恐れて相談できなくて苦しむ)友人Hの自殺を止めるために、自分の時間のほぼ全てをその子のために費やしていました。
娘の友人Hに聞いたところ、先方(親・公立小中一貫校の教頭)に見つかると、うちの娘も精神的虐待を受けていたようです。
友人H(男友達)の自殺を止めに行っては、親(信じられないけど教頭の座にいる)に見つかると、有無を言わさない勢いで怒鳴りつけられていたよう。
この子に関わっているために好きな習い事も行けない、勉強に(宿題すら)手につけられない。くつろぐ時間、家族との時間も持てない、まともな日常生活を送れない状態に追い込まれて、精神的に疲れ果てて首を吊りました。
友人Hへ「お前は死ぬな。生きろ。」って言葉を残して。
私達家族と友人Hと花火を見に行った翌日でした。

あの日の、初めて見る打ち上げ花火にはしゃぐ娘の姿が忘れられません。

何が教頭だ!外面だけ良くて成り上がったこの人は、じぶんの息子にとどまらず、支えつずけていたうちの娘まで精神的に追い込んで!

娘がいなくなった事、少しずつ受け入れなきゃ。とおもっています。

でも、怒りは止められません。

このトピックに投稿する

題名


ゲスト名




投稿本文


  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP