ホーム > フォーラム > はじめまして > 天使のママたち(がん) > 骨肉腫を患った娘の2回目の月命日でした
たんたんママ  (2018-7-12 23:18 )

骨肉腫を患った娘は7ヶ月の闘病の末、5月12日に天国へ行きました。12才でした。
いろいろな後悔がいろいろな場面で浮かんできて、叫び出したくなります。四十九日を終え、心が変化していくのを待っているような、そうなっていくのを拒んでいるような、そんな事を考え出すと余計に混乱してしまうような、混沌とした心情です。
こちらの寄らせていただくようになって、同じような気持ちでいらっしゃる方が多く、混沌とした心に清水をかけてもらうような漢字です。
でも、だからといって気持ちが整理されるものではないですね。突然に涙が溢れることは一日に何度もあります。
小学5年生の弟がいるので仕事は考えていません。一日中家事をこなして過ごします。部屋の掃除、洗濯、今は庭の草取りが大変です。でも、どれもあまり考えてやることではないので、気がつけば入院中の事をあれこれ考えてしまっています。
娘と一緒に逝くつもりでした。でも、大好きだった弟を見捨てたら娘に何と言われるか。思い止まりました。
とにかく家の中の汚れたところが腫瘍に思えて、庭の植物にいる虫や病気が腫瘍に思えて、必死になってキレイに健康になるように手をかけています。
それも最近、何もかもが嫌になってきました。この先どうなっていくんだろう、どうしたらいいんだろう、どうやって生きていったらいいんだろう。
こんな暗い話し、誰にも話せないので思いきってこちらに書き綴ってしまいました。

はっくんママ  (2018-7-16 18:37 )

はじめまして。
息子を亡くしてから、辛くて苦しい毎日です。息子に会いたくて会いたくて。
息子を亡くした後は死の悲しみが違いすぎてシングルマザーとなり、3人育てるため、復職しましたが現実、働く、生きるは辛いです。
息子は死ぬのが怖いと言ってました。
今、どうしてるのか聞きたい気持ちが
消えません。身勝手ながら、周りの誰もわかってもらえない気がしています。
なので投稿しました。
時間な経つと、余計取り残されたような、息子がいたことが忘れられたような
気がしてだれにも会いたくなくなりました。身体に空洞ができて、そこに真っ黒な固まりがある感じです。
笑えなくなりました。どのようにしたら
よいかわかりません。

たんたんママ  (2018-7-18 0:03 )

はっくんママ、おつらいですね。一年以上たっても気持ちは変わらないですよね。
私は息子の前では泣きませんが、お互いに娘・姉を思うことを語り合うようにしてます。息子も私の前では泣きません。でも、泣けちゃうことがあるんだといいます。
娘は12才でしたが、12年分のたくさんの思い出があって、それと同じだけの心の動きがあって、娘との関係がありました。これから思春期を迎え、未来がありました。それぞれが異なるから、私のこの思いも誰にもわからないだろうと思ってしまいます。
ただ、そういうところが同じなんですよね。

今日はラベンダーを移植しました。
娘のお骨から見えるところに。
後悔ばかりの毎日ですが、今、娘に出きることをしてあげられたときは、気分がいいです。

このトピックに投稿する

題名


ゲスト名




投稿本文


  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP