ホーム > フォーラム > はじめまして > 天使のママたち(その他の病気) > 【3】同じ気持ちの方いるのでしょうか。
いお  (2018-7-2 20:17 )

こんばんは。
またロックされてしまいましたので、3を作らせて頂きました。

どんぐりさん
お返事遅くなりすみません…
とうとう自分が体調を崩してしまいました(>人<;)

悲しみが穏やかなになってこられたとのこと、本当に良かったです。
私もドン底よりは少し気持ちが軽くなっているところです。

ただ、最近子供達の新しいクラスの親睦会が続き、末っ子を居ないように振舞うことにキュッと胸が苦しくなったり、一瞬本当にそんな感じになることもあり、家に帰って落ち込みます。

先日、かなり久々に主人と2人でご飯にいく機会がありました。
元々ドライな性格なのですが、忙しい時など、遺影に向かうことなく出かけたりすることもあり、そんな態度に寂しく感じていました。
しかし、当たり前ですが、主人なりに辛い気持ちを抱えて仕事に向かっていたことが伝わってきて、久々に2人で泣いてしまいました。
本当に可愛かったよね、って。
居なくて寂しいね、って。

もうすぐ新盆です。
年長の娘は精霊馬を作り、迎え火をして、息子が帰ってくるのを寝ないで待つ!と張り切っています
本当に帰ってきれたら嬉しいですね。
私も小さな期待をしてしまいます(^^)

ゲスト  (2018-7-6 12:21 )

いおさん

こんにちは。お身体大丈夫ですか?目の前に育児や家事等あると、どうしても無理をしてしまいますよね。

私も気持ちは穏やかになったものの、ふとしたきっかけで沈む時があり、まだまだのようです。慌てちゃダメですね。
でも、いおさんも私も、少しずつ前を向けるようにはなってきたと思っています。

何も知らない人が見たら普通に4人家族に見えるんだろうなーと思う時があります。3人いたのに…5人家族だったのにと、どうしても拭えない思いが込み上げてきます。

ご主人も本当に大きな支えですよね。辛く悲しい気持ちを抱えながら、一緒にもがいてこられたと思います。我が家もなかなか言葉にしてくれないので、どう感じているのか分からない時もありましたが、同じ気持ちでいてくれたと分かり救われました。

新盆ですね。本当に会いたいです。もう一度抱きしめたい。あの幸せな時にもう一度戻りたいです。

どんぐり  (2018-7-6 12:23 )

入力している間に時間切れでゲストになってしまったようです。どんぐりの投稿です。すみません。

いお  (2018-7-28 21:28 )

どんぐりさん、こんばんは。

新盆も終わり、忙しい夏休みが始まりましたね。

前にどんぐりさんが仰っていたように、100日を越え、失ったばかりの頃より少し穏やかな毎日になってきたような気がします。
蓋を閉じることが上手になったのかもしれませんが…。

4人家族に見られてる違和感、すごく分かります!
夏休みになり、姉弟弟の三兄弟を見かけると胸が締め付けらるような気持ちになります。
あぁ、あの未来は溢れおちてしまったんだな、とついつい目で追ってしまいます。

夏休み、帰省してくる友人達の連絡に、息子の死を伝えました。
友人達に会うのも気が重いですが、遅かれ早かれ乗り越えなくてはいけないことですよね。

とはいえ、すっかり触れてはいけないみたいになってしまっていますが、時々思いっきり息子が可愛かった話をしたくなります。
本当にかわいくて、可哀想じゃない息子の話がしたいです。

monu  (2018-7-30 11:59 )

はじめまして。今娘を亡くして2か月たちました、。産まれたときから疾患を患っていましたが、元気過ごしていました。しかし、3日で呼吸困難になりそのまま他界。多分、30年の寿命だったと思うしかありません。その子の為に生活が回っていたので心にすっぽり穴が空き今何もする気力がなく胸が苦しいです。何かしないと、と思っても無気力で。心の中では思い残すことなく見たと言う思いですが、気持ちと心がかみ合わないのが現実です。助けて下さい。

どんぐり  (2018-8-15 14:22 )

いおさん、こんにちは。

気持ちに蓋をすること、周りの人とうまくやり過ごすために必要ですが、まだまだ辛いことですよね。蓋をする時間が長い程、気持ちを張り詰める程、寂しさが増してしまいます。先日久しぶりに息子の話をする機会があり、自分でも驚く程泣いてしまいました。蓋をし過ぎていたようです。
息子の死を伝える時はいろんな感情が入り混じります。
周りから見たら、元気になった、立ち直ったように見えていると思います。確かに笑顔でいられるようにもなりましたが…心の中ではずっと息子を想っていて、一定の静かな悲しみが居座っています。

私もいろんな場面で三兄弟を見かけると胸が苦しいです。同じ年齢、同じ性別程、目で追ってしまいます。羨ましくもあり、悲しくもあり、なぜ?という思いが溢れます。

息子の話…改めて、させてください。
息子は2ヶ月の命でしたので、生きていれば離乳食の時期です。暑い夏も知りません。お下がりの夏服もそのままです。去年の今頃はお腹の中でした。そんなことばかりが頭の中をグルグルめぐって悲しくなっていました。でも、可愛い笑顔、可愛い寝顔、声をかけると泣き止むようになり、ぽちゃぽちゃの手足をバタバタ…思い出すと、愛おしくてちょっと心が温かくなりました(^^)

良かったら、いおさんの息子さんの話も聞かせてください。私達の心の中で生き続けていますよね!
暑い夏ですが、お身体ご自愛くださいね。

このトピックに投稿する

題名


ゲスト名




投稿本文


  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP