ゲスト  (2018-6-4 18:45 )

みなさま、はじめまして。

苦しくて辛くて悲しくて…
やり場のない思いを抱え、ここに辿り着きました。
先月、11歳の娘を亡くしました。

4月のはじめ、習い事のスイミングでレッスン中、お水が飲みたいとプールから上がり、倒れ、私が駆けつけた時には意識がなく、救急車の中で心肺停止となりました。
元気に出ていった娘が…

悪い夢を見ているようでした。

その後、一ヶ月NICUで頑張ってくれましたが、一度も目を覚ますことなく逝ってしまいました。

何をするのも一緒で、毎日バカやって、笑い合って、娘の存在があまりに大きかったので喪失感で胸が張り裂けそうです。

娘が入院してた1ヶ月も主人や親がメンタルをやられ、一番辛いのは私なのに、と心の中で思いながらも自分は陰で泣いて、みんなを励まし頑張ってきました。
亡くなってからもそうです。

母親はいつも笑ってなきゃ、笑顔でさえいればよい。
そう思って今までどんな辛いことがあっても子供達に泣き顔は見せませんでした。
お母さんの笑顔が子供を安心させる特効薬だって。
亡くなった娘も私が泣いてたら心配で成仏できないだろうし…

わかってはいるんですよ。頭ではわかっています。

家にこもってたらいけないと思い、頑張って外にも出てるんです。
心と体のリハビリだって言い聞かせて…

泣きながら近寄ってくる人、何と声をかけてあげたらよいのかわからないのでしょう、目を反らす人。気づかないフリをする人。

帰ってくると気疲れでグッタリです。

自分はメンタルが強いってかいかぶっていたのですが、ここ2、3日、気がめいってしまって…

今日、姉と話していたら爆発してしまって
「私の気持ちなんて誰にもわからないよっ」泣きながら言ってしまいました。
姉も泣きながら「そうだよね、ごめんね」って

心配してくれている人を傷つけて…
自分が嫌になってしまいました。

周りがいくら優しい言葉をかけてくれても、それが気遣いだってわかってはいても、当事者でなければわからない思いがあって…
それは同じ経験をした人でないとわからなくて…

ここで同じ思いを共有できるみなさんがいらして救われる思いがありました。

毎日何をしていても娘がひょっこり出てきて、楽しかった思い出さえも今は私を苦しめます。

感情にも波があり、これからもずっと悲しみが癒えることはないですが、弱い自分とも向き合って頑張り過ぎず生きていきたいと思います。





ゲスト  (2018-6-11 10:45 )

こんにちは。

救急車で運ばれて、亡くなるまでの1ヵ月間も毎日胸が張り裂けそうな思いだったと思います。ご自身も辛い中周りを支えることは本当に大変なことですよね。

お姉さんに対して気持ちをさらけ出せたことも、泣くことも大切だと思います。
私は心が押しつぶされそうで心療内科に行きました。そこで先生に「本当に悲しい時は泣けないんだよ」と言われました。実際亡くなってからの2週間は泣きたいのに泣けなくて辛かったです。ようやく泣くことができるようになってからもどん底でしたが…喪失感も、絶望もあったし、周りに対しての不信感や攻撃するような気持ちになったこともあります。そんな自分も本当に嫌でした。
生きている意味って何だろう、こんな辛く悲しい思いの中なぜ生きているんだろうって考えていました。でも息子を想って泣くことで少しずつ気持ちが整理されたように思います。

お母さんが笑顔でいるために、周りを支えていくために、少しでも感情を外に出して、少しでも泣いてください。自分の中に感情を閉じ込めることが一番辛いと思います。私は感情を閉じ込めることが辛かったです。
自分自身を見失うくらいの大変な事が起きたんです。本当に荒波の中でもがき苦しんでいますよね。でも荒波に飲み込まれないように、いつか穏やかな波になる日を願い続けながら1日1日必死になって生きていきましょう。
ここに訪れる方は皆さんきっと同じ気持ちで、必死だからこそ励まされるのだと思います。

ひめママ  (2018-6-15 16:00 )

ゲストで投稿させていただきました、11歳の娘を亡くした者です。
あたたかいお言葉に励まされました。
ありがとうございます。

毎日一進一退です。
娘が逝ってしまってすぐは何が何だかわからず、冷静に考えられなかったことが少しずつ見えてくるとまたいろんな感情が沸いてきます。

ちょっとした疑問や不信感など…
もう考えても娘はもどってこないのはわかってるんですけどいろんなことが頭をよぎってしまって…
その負の感情を払拭してはまた襲ってきて…

娘とは楽しい思い出ばかりですが、その思い出さえも今は苦しみでしかありません。思い出すと胸が張り裂けそうです。

本当に難しいです。

自分と向き合いながら無理をせず、頑張り過ぎず少しずつ前に進んでいきます。

くまさん  (2018-6-15 21:49 )

まだ、娘がいなくなった事が受け入れられません。こんなに長く娘と会わなかった事はありません。これからもずっと会えないと思うと頭がおかしくなりそうです。何かの間違いじゃないか。悪い夢を見てるんじゃないかって。辛すぎます。

sako  (2018-6-16 11:33 )

ひめママさん。ひめママさんのお気持ち、私もよくわかります。私は今年の4月27日に、交通事故で10歳の娘を亡くしました。頭部を強く打っていたためか、意識はなく、大量の出血でした。私が直ぐに心臓マッサージをしました。ドクヘリで救命救急センターにも行きましたが、ほぼ、即死の状態でした。
なんで、こんなことが起こるんだろう運命を憎んでいます。大事な大事な娘が私の前からいなくなるなんて。姿も見えないし、声も聞こえません。抱き締めることができない現実を、受け入れられません。まだまだ、涙が溢れます。私の気持ちは4月27日で止まっています。
最愛の娘がいないのに、何も変わらず過ぎる日々が苦しくて仕方ないです。
娘が旅立ってから、からだは見えなくても、魂は生きていると信じています。いつも家族に寄り添ってくれていると信じています。
辛い気持ちはまだまだ癒えません。いつになったら癒えるのかもわかりません。
でも、10年間という、短いけど大切な日々を思い出しながら(辛いけど)生きて行こうと思っています。
ひめママさん。泣きたいときは大泣きして悲しみに蓋をしないで生きていきましょう。私も、いつも涙が溢れます。

ひめママ  (2018-6-19 9:29 )

くまさんへ

本当に辛くて悲しくて苦しいですね。
私もまだ受け入れられません。
受け入れることなんてできませんよね。

悪い夢…
そうだ、これは夢なんだ…
そう思いたいけど、娘の存在がないことを随所、随所で思い知らされてしまい、現実を叩きつけられます。

食事はとれてますか?
眠れていますか?

どれだけの苦しみかわかっているだけに気のきいた言葉はかけてさしあげることができませんが、残された私たちは生きていかなくてはなりません。

残された者がどれだけの苦しみを味わうか知ってしまいました。

無理をせず、頑張り過ぎず、お互い少しずつ前に進んでいけたらいいですね。

ひめママ  (2018-6-19 10:25 )

sakoさんへ
もう胸が張り裂けそうな思いです。
当時の状況を想像しただけで…
自分と重なってしまいます。

大きな傷を負った娘さんを目の前にsakoさんはご自分で心臓マッサージまでされて…どれほど辛かったか…心中お察しします。

娘がいた時間があまりに幸せ過ぎて…
娘がいた時間が夢だったのかな?と思ってしまうくらいなのですが、娘が生きていた証がそこらじゅうに転がっていて心を誤魔化すこともできません。

ここからどうやって立ち直っていくのか、とても難しい課題を突きつけられました。

私の周りに同じような境遇の人はいなしですし、「大丈夫?頑張って!!」なんて言われても
そう簡単なことではないし、みなさんの想像をはるかに越える苦しみですからぁぁぁ〜って思ってしまいます。

もちろん、心配してくださるお気持ちとかお心遣いはありがたいって思うのですけどね。

やはり同じ苦しみを味わってる方のお言葉、励ましは支えになります。

少しずつみなさんと前に進んでいけたらいいなって思ってます。

あたたかいお言葉をありがとうございます。

今日はちょっと泣く回数が少なかったよ、とか娘の思い出の物とか写真とか見れたよ、なんて前向きな発言もできるようになるといいな、って思います。

無理をせず、頑張り過ぎず、自分と向き合いながらいきますね。




このトピックに投稿する

題名


ゲスト名




投稿本文


  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP