ホーム > フォーラム > はじめまして > 天使のパパたち > 私が娘を死に追いやってしまいました。
ひのひかり  (2017-12-14 22:24 )

突然警察から娘の失血死を知らせる電話がありました。
実は娘の姉も生後10日で亡くしています。子供を亡くしたのは2人目です。
妻の浪費癖が元で10年間家庭内別居の末、下の息子の成人を機に離婚、
娘は母親と折り合いが悪かったので私と同居していました。
しかし定年退職・再雇用で収入が激減、定職につかない25歳の娘を扶養できなくなり、
私の貯金の大半を渡し何とか自立してもらいました。私自身も人生をやり直したかったのです。
荒れた生活を送っていた娘ですが、内心は出ていきたくなかったのでしょう。
しばらくして心を病んで男に騙され生活保護、障碍者年金での生活をしていたようです。
LINEのやり取りはしていたのですが、本当のことを話さず、実際の生活は悲惨なものだったようです。
以前に薬剤の大量服用で緊急搬送されたのですが、両親への連絡を頑なに拒否、
本人は私に捨てられたと思いこんでいたようです。
自死2か月ほど前から私の配置転換による疲労が酷くLINEも見られない状態でした。
娘には会社の帰りに寄れる範囲に住むよう勧めたのですが、
かなり遠いところを選んだためなかなか会ってあげられませんでした。
そんな娘の悲惨な生活を知らず、呑気な私は縁あって人の勧めで見合いし再婚しました。
娘はさらに孤立感を深めていったのでしょう。

私が娘を死に追いやってしまいました。娘の知人からの話では将来に強い不安を持っていたようです。
毎日骨壺を抱きしめ泣き暮らしてます。
娘を哀れみ、薄情な自分への強い嫌悪で何にもする気になれません。
無理してでもずっと手元に置いてやればよかった、夫婦仲が良ければこんなことにはならなかった、
もっと頻繁に会ってあげればよかった、再婚なんてしてはいけなかったと後悔の毎日。
娘に渡した成長の記録(アルバム)も自分で処分したらしく、娘の写真が何も残っていません。
私の人生もほぼ終わりました。もう立ち直れません。
周りのみんなに望まれて生まれてきた可愛い可愛い娘でした。
早くあの世に行って娘に詫び、今度こそ一緒に暮らしたいと思います。

ライオン天気  (2018-7-21 21:37 )

なんてお優しいお父さんでしょう。
私もあなたのような父の下に生まれたかった。

このトピックに投稿する

題名


ゲスト名




投稿本文


  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP