ホーム > フォーラム > 癒しの広場 > 悲しいとき > 不思議な逃避をしている自分に戸惑ってます。 > Re: 不思議な逃避をしている自分に戸惑ってます。

このトピックの投稿一覧へ

Re: 不思議な逃避をしている自分に戸惑ってます。

mother  (2020-3-23 10:30 )

 桜の季節は、25歳の息子が末期癌で、一か月間緩和病棟に入院していたころの思い出と重なります。入院生活で奇跡的に体調が復活し、車イスで自走してトイレにも行けるようにもなって、もしかしたらこのまま治るかもしれないという希望をもって、桜の終わりごろ自宅に戻りました。
 結局、その後あらたに始めた治療の甲斐もなく、約半年で悪化し息子は旅立ってしまいましたが、リハの先生と一緒に病院近くの公園まで出かけて行って満開の桜を見たという息子たちに会って、「よかったね!」と話したことや、退院後に散りかけの桜を家族で見ながらお祝いの食事したことなど、ありありと思い出します。
 私たち家族の目を通して、今年の桜を息子も一緒に見ているに違いないと思いたいですが、花に向かってスマホのカメラを一生懸命掲げている息子が、隣にいないのは本当につらいです。
 悲しいことは心がギュッとなって辛すぎるので思い出さないようにしようと毎日つとめていても、楽しかったこと嬉しかったこと全てが息子とつながっています。
 美しいもの、素晴らしいものをもっともっと息子とともに見たり味わったりしたかった。
 家族があちこち私を連れ出してくれて、それはそれでとても感謝しているし、助けになっていますが、息子を失った母親の悲しみから逃れることはできないし、やはりこの思いは、逃げださずにしっかりとこれからもずっとずっと抱きしめていくしかないのですね。

この投稿に返信する

題名


ゲスト名




投稿本文


投稿ツリー

  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP