このトピックの投稿一覧へ

一人息子を亡くして2

泣き虫パパ  (2019-7-13 11:50 )

続スレを立てさせて頂きました。

先日、家内が遺品を整理していたら、特別支援学校卒業時の感謝会でのDVDが出てきたので、二人で見ました。
 中高の同級生9人が持ち寄った、各人の生まれた時から卒業までの写真と、先生が撮影した学校行事の映像が収められていました。
生後6ヶ月の笑顔いっぱいの写真は年賀状にも使いました。その1年後に運命の診断が下るなんて誰も知る由もなく、「あの頃が人生で一番幸せな時期だったかもしれない」と思いました。「まだ元気に歩けていたんだ。」、「歩けなくなり、車椅子になってしまった。」、「まだ座って字は書けていたんだ」、「座位が取れず、寝たきりになってしまった」、「人工呼吸器、マスクが24時間装着必要になってしまった」、画像が進んでいくにつれ進行性の病気の厳しさを実感しました。
 後半に、学校行事での息子の映像と肉声が聞こえた時は、二人とも、涙腺完全崩壊状態でした。何か一瞬、息子に会えたような気がしました。今後も時々見ると思います。
 日々徐々に障害が進んでいく、良くなる可能性はまずない、それは息子も知っていました。しかしそのような日常でも親に対して露骨な恨み言は一切言わず、短い一生を精一杯生き抜いた息子を改めて誇りに思いました。
 そして、病院、学校、介護福祉関係の多くの方々に支えられていたということも再認識しました。感謝の気持ちも忘れてはいけないと思います。
 でもやっぱり、「もう少し長く三人での生活を続けたかった、家族で旅行したかった。当日朝まで元気だったのに」という思いを抑えきることができませんでした。まだまだこの心理状態は続きそうです。
 長々と失礼しました。また、思い立ったら書かせて頂きます。





投稿ツリー

  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP