このトピックの投稿一覧へ

納骨は自分の心と相談して

ひめママ  (2019-7-12 17:57 )

みなさん、こんにちは。
体調など崩されていませんか?

娘が亡くなって1年と2ヶ月経ちますが、まだ納骨をしておりません。
骨に魂はないのだからとか、執着はよくない、という意見もありますが、娘の肉体と共に成長してくれたお骨を愛しく感じます。

何が正解、ということもないと思いますし、それぞれが思うようにしたらよいのではないかなって思っています。

娘が亡くなって2ヶ月に私の姉が亡くなったのですが、両親もしばらくそばに置いてあげたいと、ずっと納骨できずにいたのです。でも一周忌を迎え、区切りをつけたいと、先日納骨することになりました。

親は自分達も年老いていつどうなるかわからないから元気なうちに、と考えたようです。
さみしい気持ちよりちゃんとやってあげられた、ということに満足なようでした。

納骨の際、お坊さんから何か祈願されたいことはありませんか?と列席した全員聞かれました。
祈願?そんなこともしてくれるんだ…とちょっと不思議に思いつつ、それぞれお伝えしました。

お経を唱えていただき、それぞれの祈願もしていただき、そのあとの説法でお坊さんがこう話されました。
故人にとって一番嬉しいことは法事やらなにやら決められた行事をしてもらうことではないと。ただただ残された家族が笑顔で暮らすこと、願いを叶え幸せになること、その為に、故人の為に、みなさんの祈願をさせていただきました。

よく言われることではあり、わかってはいてもなかなかできないこと。
でもお坊さんに念押ししていただいたことで、また奮い立つ思いでした。

私が泣いていたり、悲しんでいたり、苦しんでいたりする姿を娘が見て喜ぶはずがない、と思いつつも、楽しい思いをしたり、美味しいものを食べたりすることにちょっと後ろめたさを感じたりすることがありました。
娘もやりたかっただろうな?娘も食べたかっただろうな…なんて。
そんな風に思っては涙してしまったり…

でもやはり、娘のためにも残りの人生を楽しむことにします。娘のやりたかったであろうことにも挑戦したいと思います。若くはないので限界はありますが…

娘を失って罰を与えられたような気持ちでおりましたが、娘と過ごせた11年間が本当に幸せだったので、その11年がご褒美だったんだなって思うようにします。

なんてまたくじけそうになるとは思いますけど
そのときはまた、みなさんに甘えさせてくださいね。

納骨は誰に何を言われても自分のタイミングと心に相談して決めたいと思っています。

昨年の猛暑とは違い、肌寒い日も続いておりますので体調など崩されないようにしてくださいね。

           ひめママでした








この投稿に返信する

題名


ゲスト名




投稿本文


投稿ツリー

  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP