このトピックの投稿一覧へ

一人息子を亡くして

泣き虫パパ  (2019-6-21 23:07 )

はじめまして。ネットのサイト検索でこの掲示板を知りました。
先月一人息子を病で亡くしました。27歳でした。
出生時点では何の問題も無かったのですが、1歳検診の血液検査で引っかかり、精密検査の結果、遺伝性疾患による進行性の難病と診断されました。(根治療法は現在も解明されていません。)
診断時は全く元気だったので、親子3人でひたすら誤診である事を祈っていたのですが、事実は厳然たるものでした。
8歳で歩行不可能、車椅子となり、17歳の時座位が取れず、寝たきり、人工呼吸器24時間装着となり、最後までこの状態でした。
不自由な体でも旅行をするのが大好きで、それが家族の最大の楽しみでもありました。無くなる2週間前も泊まりがけで旅行に行き、当日朝も普段と変わらぬ様子でした。
しかし本当に突然、残酷なまでにあっけない別れの時でした。
常に覚悟が必要な難病ではありました。しかしいざその時がやってくると、涙が止まりませんでした。親を看取った時とは比較にならない喪失感と悲しみでした。
逆縁がこれほど切なく、悲しいものとは、本当にこれは経験したものでなければわからないものだと痛感しています。
私も家内も共通の趣味はあり、息子の世話はなくなったので使える時間ははるかに増えたのですが、何をする気力もわかず、体の芯に力の入らない状態です。
いつまでもこれでは天国に行った息子に申し訳ないという気持ちは当然あります。しかし今でもあの子を思い出し、涙しない日はありあません。
やはり、ある程度時がたつのを待つしかないのでしょうか?
同じような経験をなさったお方、ご体験、ご意見をお聞かせ頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

投稿ツリー

  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP