このトピックの投稿一覧へ

たんたんママへ

ゲスト  (2018-9-30 18:56 )

たんたんママ、頑張っておられますね。
でも、この悲しみを癒すのはなかなか難しいですね。
私は、昨日より今日、一ヶ月前より今日のほうが辛いきがします。
私達も一年前病気が発覚し、治療をしていた頃です。でも、私達親が必ず治ると信じていたから、娘もたんたんさんの娘さんも、純粋に私達を信じてくれていたでしょうね。だからこそ、「必ず大丈夫、必ず守るから」という親のいうことを最後まで信じて旅立った娘に、守りきれなかったことの申し訳なさでいっぱいです。
何を見ても、何をしても、娘に繋がり苦しくなります。
私もたんたんさんと同じように、入院生活でずっと一緒にいたからこそ、今の空虚感はたまらないです。
人は他の子どもに目を向けろと言います。いまだにパニックになる私に「もう戻ってこないのはわかっているだろう」と言います。
人の人生で一番の苦しみは、子どもをなくすことだそうです。
みんなに、わかるわけがありません。
一人にもういい加減に前を向けと言われたら、みんながそう思っているのかも…と人と話すことも減りますね。

毎日死ぬことを考えます。
死んだらあの世で娘に会えないっていうけど、この苦しみを終わらせる方法が他に思い付きません。

たんたんママ、私は、心療内科とお花やさんまでしか出られません。
この前は小学校で運動会の練習している子供たちを見て、道路の真ん中でパニックになり、進むことも降りることもできず、母を呼びました。
少しでも気が晴れることがあって、外に出れるならフリーマーケットもいいですよ。

会いたいですね…甘えん坊のあのこが、ママーって抱きついてきてくれること
ばかり、願います。
たんたんさん、病気を受け入れるにも、治療や、治療成果を受け入れるにも、頭と心が追い付かないまま、病気がわかってあっという間に逝ってしまいましたね。
してやりたいこと、やり残したことを考える時間もなく。

投稿ツリー

  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP