このトピックの投稿一覧へ

悲しみと虚しさと。

taichim  (2017-12-13 22:43 )

先月、生後1ヶ月の次男が亡くなりました。
亡くなる三日前には、1ヶ月健診で順調に成長していると言われたばかりで、本当に突然のお別れでした。

朝起きて、添い寝をしていた息子の頭を撫でたら、冷たくなっていて。布団がかかっていた体はまだ温かいのに、呼吸してなくて。
救急車を呼んで、病院でも一時間近く蘇生に尽力してもらったけど、息子は戻ってきませんでした。すでに自宅で亡くなっていたのだろうと。

そこから、警察の聴取や検死があり、原因がわからず。行政解剖しないことには息子を家に帰せないと言われ…
解剖してわかった死因は、心不全か感染症の疑い。さらに特定させるためには、早くて3カ月、もしかしたら1年以上かかるかもしれない。

警察の方にも、家族にも、自分を責めなくていいのだと言われました。でも、責めないわけがない。
私は母親なのに。ずっと一緒にいたのに。亡くなるその瞬間、隣にいたのに。
気づいてあげられなかった。守ってあげられなかった。

どうして我が子が…
どうしてもういないんだろう…
どうして自分だけここにいるんだろう…

息子と寝ていた部屋。1ヶ月前には、まだそこに寝ていたのに。今は遺影とお骨。

2歳の長男のおかげで、笑顔でいられます。実家から駆けつけてくれた母のおかげで、日常生活が送れてます。
だけど、本当にそれでいいの?どうして笑っていられるの?と遠くから自分のことを冷たく見てる自分がいて。

やっぱり前向きになんてなれません。
天国へ行ってしまった我が子のことを思うと、胸が張り裂けそうになります。
今はただ、悲しむこと、自分を責めることを許してほしい。

この投稿に返信する

題名


ゲスト名




投稿本文


投稿ツリー

  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP