このトピックの投稿一覧へ

新緑さん>息子と会って抱きしめたい、そしてあやまりたい

けんさん  (2017-6-4 15:40 )

私も5歳8ヶ月の息子が5月19日にお星様になりました。

息子は重症の先天性の心疾患をもって産まれてきました。それから無脾症と言って脾臓もなく産まれてきました。心臓の専門の病院で10時間に渡り3回も生きる為だけに手術をしてきました。在宅で酸素も行い食事も胃管を通して行うこともありましたがそれでも泣きごとなど決して言う子供ではありませんでした。

先月の24日の夜中に急に熱がでて痙攣を起こし救急車で運ばれたときにはほぼ意識もありませんでした。心臓の発作とも戦ってきましたがその時はいつもと状態が違うようでした。病院で人工呼吸器もつけたりでかなり苦しそうでした。しばらくして脳死と判定されそれでも25日頑張り続けました。亡くなる2日前にはおこることのない自発呼吸をしてみせたり、あんなに心臓で苦しんだはずなのに皮肉にも最後まで心臓は頑張り続けていました。

死因は脾臓が無いことにより肺炎球菌が劇症化してしまったということでした。私は看護師でもありずっと息子をみてきましたが今度ばかりは息子を守れずに自分を責め続けています。それに息子の死もまだ受け入れられていません。それなのに息子のいない生活は耐えられず今妊娠したら息子がまたやどってくれるのではないかと不謹慎な考えももったり。毎日毎日苦しくさみしいです。

新緑さんのお気持ちが分かりすぎて勝手に送ってしまい、ごめんなさい。

私も新緑さんと同じで息子と会って抱きしめたい、そしてあやまりたいです。

この投稿に返信する

題名


ゲスト名




投稿本文


投稿ツリー

  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP