このトピックの投稿一覧へ

ポコさんへ>トンネルの出口は必ずあります

sayamama  (2017-4-9 9:29 )

私の経験や投稿が、少しはお役に立てたようで、とても嬉しいです。トンネルの出口は必ずあります。今は信じられないでしょうが、どうか信じて下さい。でも出口をみつけるには、ただ同じ場所でとどまって泣いてるだけでは、みつける事ができないんです。後ろを振り返りながらでも、少しずつ前進するには、自分で努力しなければ、いつまでもこの生き地獄から抜け出せません。

朝辛いですよね、わかります。私もいまだに朝が来ると、虚しい気持ちでいっぱいになります。また今日1日生きなければならない、まだ生きるんだ、と早くに亡くなった娘には申し訳ないけど、早く娘の側に行きたいとばかり考えるのは変わりません。

1人で家に篭っていると、とにかく泣いて苦しいだけ、というのがわかったので、最初は夫に無理くり連れ出されて外出しました。子供連れ、幸せそうな家族を見るだけで涙、涙。綺麗な花を見るのも辛かったです。でも不思議と、緑の木々を見ると心が和みました。当時東京に住んでたので、明治神宮に好んで行ったものです。

そして、友達が会おうと誘ってくれば、気持ちを奮い立たせて会いました。ドタキャンするかもしれない、と前もって話して、わかってくれる友達とだけ会いました。最初は会っても楽しめず、来なければよかったと後悔する事もありましたが、そのうち少しずつ気が紛れるようになりました。

離れて行った友達もたくさんいますよ、でも所詮そんな人とはいつか別れる運命なんです。今も残ってくれてる友達が、真の友達です。

子供を亡くした親の会にも出て、同じ立場の人に話を聞いてもらうのは、私にとって良い方に向かいました。そこで知り合った新たな友達と、LINEしたり時々ランチしています。

仕事に出れるようになったのは、3回忌が終わってからです。それまでは、娘の写真も見る事ができず、遺影もしまい込んでました。

毎日泣かなくなったのは、つい最近。多分心療内科で出してもらった薬が合ったせいもあると思います。それでも時々思い出しては、やっぱり泣けてきます。

人にはそれぞれペースがありますから、焦る事はありません。たぶんポコさんも、今すぐ友達と会ったり、仕事するのは辛いと思います。まずは御主人と休日に外出から始め、少しは会おうかな、と思えるようになったら友達と会い、1日泣いてるのに疲れたら仕事してみるといいと思います。仕事先をみつける必要もなく、御主人と一緒に働けるのは、いい環境だと思いますよ。

えてして、母親より父親の方が立ち直りが早いのは、自身の体で子供を育て、産みの苦しみを味わって無いことも大きいけど、男性は辛くても生活のため、早くから仕事に復帰しなければならない、という事も関係してるのではないか、と私は思います。

とにかく無理なさらず、ちょっとだけ努力して、ゆっくり進んでいきましょう。
私も急にこんな風に考えれたわけではないんですよ。
ここには娘を亡くしてすぐからお邪魔してますが、去年くらいまでは「前なんか向きたくない、前を向いても娘がいないから、娘のいた過去ばかり見ていたい」と書き込んでました。

過去のトピックに残ってますので、よければ見てみて下さい。私が少しずつ変わって来たのが、おわかりになり、少しは将来を憂うのが減るかもしれません。

この投稿に返信する

題名


ゲスト名




投稿本文


投稿ツリー

  条件検索へ


フォーラム 新着情報

PAGE TOP