返信する: 悲しいとき










オプション

参照

Re: 20歳の娘を亡くし来月5回目の命日を迎えます。
投稿者: sayamama 投稿日時: 2018-5-13 1:13
くまさん、ずいぶん時間がたってしまってすみません。忙しくて、なかなかこちらに来れませんでした。

辛いですよね、書いてらっしゃること、すごくよくわかります。考えても仕方ない、答えの出ないことだとわかっていても、なぜ?と毎日考えますよね。
自分が悪かったのでは?と思うのも同じです。カウンセラーに言われましたが、それは答えが出ないから、だから自分が悪かったのだ、ということで理由が明確になるから、そう思うのだそうです。実際にはそんな事はありません。誰かが悪かったから、病気になったのではないのです。運命という言葉で解決できるものではありませんが、それ以外言いようのない、人の力ではあらがえないもので、子供たちの人生は決まってしまっていたのだと思います。

気持ちのもっていきようがないですよね。まるでジェットコースターのように上がり下がりしますが、時がたてば、少しずつその揺れ幅が狭まってきます。ある程度時間がたたなければ仕方ないもののように思います。でも漫然と時間がたつのを待ってるだけでは、なかなかこの苦しみから逃れられないのも事実です。泣いたり嘆いたりしながら、それでも子供に必ず会えると信じて、自分の人生を歩むしかないのです。そして同じ生きるのなら、少しでもよい人生を送れるように、歯を食いしばって努力していくうちに、本当に少しずつ螺旋を描くように上昇していきます。

私たちはなぜこんな過酷な人生を送らなければならないのでしょうね。選ばれた?冗談じゃない。ですよね。世の中つくづく、不公平で理不尽だと思います。それでもそんな世の中で、生きていくしかないのですよね。今は諦めの境地です。いつか娘に会える日を楽しみに生きています。

フォーラム 新着情報

PAGE TOP