返信する: おしゃべり










オプション

参照

Re: その言葉が・・・
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2017-9-7 21:27
新緑さん 皆さん

今晩は。
新緑さん、娘さんの気配を感じれて良かったですね。去年の夏に二歳の下の娘が旅立ちました。夜中に高熱を出し、朝になったら病院に行こうね、と言っていたのに早朝には旅立っていました。なんで、あの時すぐに救急に連れて行かなかったのか、何故旅立ちを見送れなかったのかと、母親失格だと随分自分を責め、娘の後を追う事ばかり考えていました。上の娘は新緑さんのお嬢さんと一緒の五歳です。

亡くなった娘は、二歳だったのできっと保育園のお友達には忘れられているでしょう。義理の両親ですら、月命日を忘れており、私かクヨクヨ泣いている姿を見て、まだ立ち直れないのでいるの?と言ってます。この悲しみは絶対消えることはないと思います。でもずっと心にかけてくれている人はいるはずです。そして何より我々は絶対忘れませんし、記憶の子供達は本当に生き生きしていませんか?

こんな母親失格の私ですが、天使になった娘は私の側にいてくれていると最近確信しています。最近気配も感じませんし、夢にも出てきてくれませんが、見守ってくれていると思います。
だから泣いてもクヨクヨしてもそれも含めて、天使になった子供達は新緑さんやちろさんの事が大好きなんだと思います。

忘れられていく寂しさは他人事には思えなくて思わず投稿してしまいました。まとまっていない文章ですいません。



フォーラム 新着情報

PAGE TOP