天使の本棚 カテゴリ ( その他 )

Amazon

わたしをいきる (Forest books)

わたしをいきる (Forest books)

  (いのちのことば社)  その他    登録日:2016/02/29   閲覧数:504   

「こんなはずじゃなかったのに……」 自分の思い描いたようにはいかない「人生」。でも、握りしめていたものを手放したとき、その空っぽの手に新しいものが注がれる――。心を探られる言葉と絵で綴る感動の... …続きを読む

いのちのバトン ―初めて出会う相田みつをのことば (角川文庫)

いのちのバトン ―初めて出会う相田みつをのことば (角川文庫)

  (角川書店)  その他    登録日:2008/07/30   閲覧数:4965   

初めて相田作品に出会う若い読者のために、童話作家・立原えりかが創作した物語をそえました。簡潔で力強い言葉が心に響く、相田作品の入門書。 (「BOOK」データベースより)
…続きを読む

こころの痛み―どう耐えるか (NHKライブラリー)

こころの痛み―どう耐えるか (NHKライブラリー)

  (日本放送出版協会)  その他    登録日:2008/06/05   閲覧数:4400   

激変する現代社会において、人はこころの痛みを避け、忘れて、楽しく暮らしたいと考えがちだが、これは決して本質的な解決とはいえない。むしろ、その痛みとストレスに耐えきれず、こころの破綻を生ずる... …続きを読む

ぼく、ガンだったの?―死にゆく子どものケア

ぼく、ガンだったの?―死にゆく子どものケア

ロバート・W. バッキンガム, 松下 洋子  (春秋社)  その他    登録日:2008/01/14   閲覧数:4413   

本書は、死の概念について、健康な子どもはどうとらえるのか、死を前にした子どもはどうなのか、そして大人はそれに対してどのように接すればよいのかを深い経験から述べています。また、死にゆくティー... …続きを読む

青空のむこう

青空のむこう

Alex Shearer, 金原 瑞人  (求龍堂)  その他    登録日:2007/05/13   閲覧数:5004   

ぼくはまだ決めかねてた。アーサーはぼくに背中をむけて歩きだした。そのとたん、エギーやママやパパや友だち、ぼくが知ってる人たちの顔が次々に浮かんで、どうしてももう一度会いたくなった。みんながいな... …続きを読む

「ひと」として大切なこと (PHP文庫)

「ひと」として大切なこと (PHP文庫)

  (PHP研究所)  その他    登録日:2007/04/20   閲覧数:5130   

たった一度の人生を輝かせたい。そう願いながらも、せっかくの一日をつまらなく過ごしてしまうことがあります。本書は、心ふさぐ時や生き方に迷う時、「自分らしさ」を見失わないための人生論です。人間の... …続きを読む

ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師 (Sanctuary books)

ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師 (Sanctuary books)

  (サンクチュアリ出版)  その他    登録日:2007/03/05   閲覧数:4536   

日本中の病院で子供たちの笑い声が増えるといいです。
作者の夢は、ホスピタルクラウンがいらなくなること。
長期入院の子供たちがいなくなる世界がくるといいですね。 …続きを読む

生きて死ぬ智慧

生きて死ぬ智慧

堀 文子  (小学館)  その他    登録日:2006/11/13   閲覧数:5103   

般若心経の一つの解釈として読むと面白いです。
とても難しく、すべてを理解することはできないでいますが、
天に召しても、何も代わらず、そばにいるのかもしれない…と漠然と感じました。... …続きを読む

PAGE TOP