天使の本棚 カテゴリ ( 絵本・詩画集 )

Amazon

『さようなら』っていわせて

『さようなら』っていわせて

Jim Boulden, Joan Boulden, きたやま あきお  (大修館書店)  絵本・詩画集 (絵本)    登録日:2007/04/20   閲覧数:5690   

“生”をより豊かに生きるために、子どもとともに“死”について考えるワークブック。塗り絵絵本。第1回全米ホスピス協会賞受賞作『Saying Goodbye』の日本語版。
…続きを読む

「死」って、なに?―かんがえよう、命のたいせつさ

「死」って、なに?―かんがえよう、命のたいせつさ

Laurie Krasny Brown, Marc Brown, 高峰 あづさ  (文溪堂)  絵本・詩画集 (絵本)    登録日:2007/04/20   閲覧数:4803   

死ぬって、どういうこと?どうして人は死ぬの?だいすきな人が、死んでしまったら、どうすればいいの?みなさんの疑問・おそれにすてきなきょうりゅうファミリーが、おこたえします。
内容(「BOOK」... …続きを読む

「さよなら」を大切な人にいうんだ

「さよなら」を大切な人にいうんだ

Marge Heegaard, 清水 恵美子  (法蔵館)  絵本・詩画集 (絵本)    登録日:2007/04/20   閲覧数:5165   

この本は、大切な人や愛する人が死んでしまったとき、つらく悲しい日々を過ごしているあなたを助けるために作られたワーク絵本です。思ったとおりに、何かの記号を入れ、線を引き、色をぬり、形やことばを... …続きを読む

千の風になって

千の風になって

新井 満  (講談社)  絵本・詩画集 (詩画集)    登録日:2006/12/21   閲覧数:6299   

悲しみの中で読みつがれてきた、一篇の詩があった。9・11米国、同時多発テロで、父親を亡くした11歳の少女が、一周忌に朗読した。IRA (アイルランド共和軍) のテロで命を落とした24歳の青年が... …続きを読む

心に響く祈り (Words & verse)

心に響く祈り (Words & verse)

  (愛育社)  絵本・詩画集 (葉祥明)    登録日:2006/07/19   閲覧数:4262   

「祈り」にはふたつの面があります。
ひとつは、自分の願いや思いを神に語りかけることです。個人的な内容のときもあれば、より普遍的なことについてのときもあります。それが聞き遂げられる場合もあるし... …続きを読む

夢のむこうへ―6人の難病をもつ子どもたち、輝くいのちの物語

夢のむこうへ―6人の難病をもつ子どもたち、輝くいのちの物語

葉 祥明  (中央法規出版)  絵本・詩画集 (葉祥明)    登録日:2006/07/19   閲覧数:4840   

夢をしっかりと心に抱いて、与えられたいのちを生き抜く子どもたち…。難病の子どもの夢をかなえるボランティア活動「メイク・ア・ウィッシュ」から生まれた6つの希望の物語。夢と勇気がたくさんつまった... …続きを読む

再び会う日のために (Words & verse)

再び会う日のために (Words & verse)

  (愛育社)  絵本・詩画集 (葉祥明)    登録日:2006/07/19   閲覧数:5380   

愛する人へ…よろこびを、幸せを、やさしさをありがとう。死とは、人生とは、生きるとは…。懸命に生きるあなたへ葉祥明の温かいまなざしで綴られる祈りの詩 (うた) 。
内容(「BOOK」デー... …続きを読む

生んでくれて、ありがとう

生んでくれて、ありがとう

高橋 愛  (サンマーク出版)  絵本・詩画集 (葉祥明)    登録日:2006/07/19   閲覧数:5175   

どんな子どもも、「あなた」に育てられることに大きな意味があります。人は誰でも、ハンディキャップをどこかにかかえながら、生きています。人が気づき、学べることがあるのは、そのおかげです。人は誰かを... …続きを読む

もういちど会える

もういちど会える

  (大和書房)  絵本・詩画集 (葉祥明)    登録日:2006/07/19   閲覧数:5865   

愛する子どもをなくした人へ。「もしも、あの日さえなかったら…」―ふかい悲しみを癒す葉祥明のグリーフ・ブック。
内容(「BOOK」データベースより) …続きを読む

ひかりの世界

ひかりの世界

  (佼成出版社)  絵本・詩画集 (葉祥明)    登録日:2006/07/19   閲覧数:6840   

愛する者をなくした人、いのちの永遠性を信じる人、生きることの意味と人生の目的を考えるすべての人へ…。「生命」って何だろう?「愛」って何だろう?「人生」って何だろう?そして「死」って何だろう... …続きを読む

PAGE TOP