天使の本棚 生きがいのメッセージ―愛する故人とのコミュニケーションがもたらす新たな人生観

生きがいのメッセージ―愛する故人とのコミュニケーションがもたらす新たな人生観

Amazonの商品情報ページを表示する

愛する人との死別を克服する
本書は、故人となった家族や友人とその後も「交流」を続けているという人たちの体験集である。終末医療や死に関する研究で高名な精神科医エリザベス・キューブラー・ロス博士の活動に感銘した著者らが、2000人の人々と面談し、3300件にわたる体験談を収集してまとめ上げた。この翻訳版は『生きがいの本質』の著者である飯田史彦氏が責任編集した。
20項目に分けて紹介している事例の中には、「故人が目の前に現れた」「声が聞こえた」など視覚・聴覚的な接触から「体外離脱をしながら会った」「夢の中に現れた」など、精神的な要因が強く作用する状態での接触まで、様々なものがある。故人と接触した時刻が死亡時刻と一致したり、複数の人間が同じ体験をした事例も紹介している。著者らは科学的な真偽を別にして、絶望的な体験を克服し生きようとする人たちに対して敬意と真摯さをもって、彼らの声に耳を傾けていく。

愛する人との死別をどう克服し、豊かに生きるための糧とするか。宗教やオカルト的行為によらない自然発生的な「癒しの力」でも、残された者が新たな人生観を手に入れることはできるのかもしれない。(日経ビジネス)



該当する商品がありません

片山 陽子(翻訳)
投稿:2008/11/19 | 閲覧数:5513


注意事項:
  • カートに入れるボタンは、この商品をアマゾンのカートに追加するものです。このボタンをクリックしただけでは購入手続きとはなりません。気になった商品はカートに追加しておき、後で正式な購入手続きを行うことができます。
  • このページの表示内容はアマゾンのウェブサービスを用いた情報となっています。在庫状況や価格はタイミングによって変更されることがありますので、アマゾンのサイトで購入手続きを行う際にもう一度確認してください。

PAGE TOP