天使の本棚 いのちのバトンタッチ

いのちのバトンタッチ

Amazonの商品情報ページを表示する

本書は、小児がんで6歳の娘を失った父親が、娘の死後8年を経て、その発病から11年にわたる想いを綴った涙と感動、いのちの再生の手記です。前半は、娘(景子ちゃんを)と家族の闘病の様子が綴られています。後半は、娘に先立たれた”逆縁”の悲しみ、苦しみにを噛み締めながらも、小児がんの支援活動、新たな人々や言葉との出会いなどによって次第に立ち直り、娘から託された”いのちのメッセージ”を確信するに至までの心の軌跡が綴られています。いのちの大切さ、生きる意味、家族の絆、人間愛、医療の原点をテーマとするまさに感動の1冊(出版社/著者からの内容紹介)

がんの子供を守る会 東海支部 代表幹事 http://ccaj.jpn.org/

いのちをバトンタッチする会 代表 http://www.hm7.aitai.ne.jp/~inochi-b/


該当する商品がありません

投稿:2008/06/05 | 閲覧数:5041


注意事項:
  • カートに入れるボタンは、この商品をアマゾンのカートに追加するものです。このボタンをクリックしただけでは購入手続きとはなりません。気になった商品はカートに追加しておき、後で正式な購入手続きを行うことができます。
  • このページの表示内容はアマゾンのウェブサービスを用いた情報となっています。在庫状況や価格はタイミングによって変更されることがありますので、アマゾンのサイトで購入手続きを行う際にもう一度確認してください。

PAGE TOP